楽しいことばっかじゃない!恋愛でたまったストレスの効果的な発散方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
なんだか…昔の恋愛を思い出すと、なんであんなことで喧嘩したんだろ…ってことがいっぱいあるわ。
あの頃は常にイライラしてた気がする…
きっと恋愛ストレスが溜まってたのよ。
ストレスが溜まってしまうことは避けられないわ…
でも、もう同じことを繰り返さないためにも、恋愛で溜まったストレスの発散法を知っておきなさい!

“恋愛=幸せ”なイメージがありますが、楽しいことばかりではなく、恋愛しているからこその悩みもつきもの。
恋愛ストレスに陥るとイライラしたり、仕事が手につかなかったり、ひどい場合は吐き気や過呼吸など体調不良を起こす場合も…。
ストレスが原因の悲しい別れの原因に繋がってしまいます。

そこで今回は恋愛でたまったストレスの効果的な発散方法についてご紹介します。

恋愛ストレスって何!?

「恋愛」と「ストレス」
全く正反対の位置にあるものだと思われがちですが、恋愛とストレスには密接な関係があります。

彼氏(彼女)のことを思うだけでドキドキしたり、ときめいたり、緊張したり、これも実はストレスです。
ただし、これは”良いストレス”と言えるでしょう。

問題なのは、相手にイラついたり、相手の行動を不安や心配に思ってしまうといった、マイナスの感情を引き起こすストレス。
このマイナス感情であるストレスを発散しなければ、充実した恋愛は望めません。
たとえば、

  • メールの返信が遅すぎて不安になる
  • 他の異性の影がちらつくと嫉妬してしまう
  • 忙しくて会えないことが不満となる
  • 意見が合わなくてすぐに喧嘩をしてしまう
  • 将来のことを全く話してくれない

これらのような負のストレス、誰しも経験したことがあるのではないでしょうか。
ひどいケースだと不眠、うつ病などといった”精神的な病気”になってしまうこともあるので、侮れないのです。

「大丈夫」なんて軽口で終わらせるんじゃなくて、しっかりと向き合うべきね。

男女のストレス発散法は違う

男性と女性ではストレスを抱えたときの対処法が全く違います。
男性の場合、ストレスの原因となっている問題を解決しようと試みますが、女性の場合は、ストレスの原因を誰かに話すことで少しでもストレスを緩和しようとします。

女性は自分の悩みや思いを信頼できる人にすべて吐き出し、それを共感してもらうことで気持ちが和らいでいきます。
心の混乱や苦悩などをすべてオープンにすることこそが、ストレス発散のポイントなのです。

しかし、男性の場合はストレスが溜まると自分の殻に閉じこもってしまいます。
他人に悩みを相談しようとは考えていませんし、相談したところでストレスは解消されないと考えているからです。
他人に頼らずに、自分ひとりで“ストレスの元となる問題をどうしたら解決できるのか”を必死で考えます。
だからといって24時間考えっぱなしだと精神的に持ちません。
なので、ドライブに出かけたり、友達と会って遊んだり、ゲームをしたり、カラオケにいったり、そんな気分転換を図りながら、ストレスを徐々に緩和させていくのです。

このように男性と女性とは根本的なストレス発散法が違うわけです。

恋愛ストレス発散/解消方法

恋愛ストレスの発散方法を具体的に紹介していきましょう。

自分の時間を持つ

付き合っているパートナーと離れ、自分だけの時間を持つことこそがストレス解消に繋がります。
このストレス解消法は男女ともに効果があります。

何もしていないと、ついついパートナーのことばかり考えてしまい、一喜一憂してしまいますよね。
また、パートナーに縛られて自分ひとりの時間が持てないのは、精神的にきついものです。

たとえば没頭できる趣味を持つことで、パートナーとの間で嫌なことが起きても、趣味に没頭している時間はそのことを忘れることができ、良い気分転換になります。
自分ひとりの時間があれば、ゆっくりとリラックスすることもできます。

「ストレスが溜まってるな」と思ったら、スポーツして汗をかいてスッキリするのも良いですね!
料理や英語など、何かを学ぶことに挑戦するのもオススメです。
カラオケで歌ったり、バッティングセンターで思いっきりボールを飛ばすのもスカッとします。

今現在趣味がない人でも、映画を観たり、音楽を聞いたり、お風呂にゆっくり浸かったり、日常生活で「これをやると気分が落ち着く」というものを探してチャレンジしてみてください。
心が徐々に癒されていくでしょう。

趣味や好きなことに集中できる時間が一時的でもあれば、精神を和らげることができます。
パートナーと共に過ごす時間は大切ですが、それにこだわり過ぎるとうまくいきません。
お互いがお互いの時間を充実して過ごすことにより、二人が会ったときにより良い関係が築けるのです。

お互いがお互いの時間を縛ることこそ愚かなことはないわ。
エゴから脱却しなさい!

友人と遊ぶ

友人と会う、遊ぶ、愚痴を聞いてもらう、これも恋愛ストレスを発散できる一つの方法です。
このストレス解消法も男女ともに効果があります。

恋愛期間中というのは、友人と過ごす時間よりもパートナーと過ごす時間を優先しがちです。
しかし、パートナーとの間で喧嘩など何か起きたときに真っ先に助けてくれるのが友人だったりします。
そんな友人の存在をないがしろにしてはいけません!

男性だったら、友人とカラオケに行ったり、飲んだり食べたり、どんちゃん騒ぎするだけでも結構な気分転換になります。

女性であれば、女同士で旅行に出かけたり、時には彼氏について愚痴を言ったり、相談をすることで、イライラや落ち込んだ気持ちが落ち着いていくものです。

ただし、パートナーの愚痴や自慢ばかり聞かされるのは誰しも嫌なもの。
友人だからといって甘えてばかりいるのはNGです。
恋人とトラブルが起きたとき、誰も相談する人がいなかった…なんてことにならないよう、普段から友人との交流は大切にしておきたいですよね。

友人と遊ぶことを禁止されている場合はどうしたらいいかな…?
たまにいるわよね。
あのね、そんなもん聞く必要ないからね。
自分のために、別れなさい。
ガキの恋愛でいつまでも満足してんじゃないわよ、大人の愛を知りなさい!
大人の…愛…
アダルト…ラブ…
英訳するのはやめなさい。

自分のために贅沢を

ストレス発散の最大の醍醐味といえば、買い物ではないでしょうか。
実際にイライラや気持ちが落ち込んでいるときに買い物すると、スッキリしたという経験ありませんか?
悲しいときに買い物することで、癒しの効果が得られるんだとか。
これを心理学用語で“リテール・セラピー”といいます。

気持ちが落ち込んでいるときに買い物をすることで、物事や自分自身をうまくコントロールできている感覚になるそうです。
ただウインドウショッピングしている人に比べ、実際に何かを買った人の幸福度は3倍であることが、米ミシガン大学の研究者たちによる実験結果で証明されています。

恋愛ストレスでイライラや落ち込んだときは、前から欲しかったアクセサリーやバッグ、時計などを買ってみるのはいかがでしょうか。
またネイルやエステサロンで自分磨きなど、贅沢を味わうと心が満たされますし、一人旅に出かけるのも気分転換になるものです。

普段頑張っている自分に、たまにはご褒美してあげることも大事。
ただし買い物だけをストレス発散法にしてしまうと、買い物依存症になる恐れがあるので、他のストレス発散法と両立することをオススメします。

依存症になったら、恋人どころか自分の人生をも壊しかねないからね、自我を持ってね!

スマホと距離を置く

たまにはスマホを手放して、パートナーと連絡が取れない状態を作り出してみてはいかがでしょうか。
これは、“パートナーから連絡が来ないと不安”と常に思っている、恋愛依存度が高い人にオススメのストレス解消法です。

「恋人からいつ連絡が来てもいいように、スマホを肌身離さずに持っている。
返事がすぐにこないと不安になるし、居てもたってもいられない」

…という人は、男性よりも女性に多いですね。
しかし、これだと頻繁にスマホチェックしなくてはならないし、相手からの返信が来ないと不安で他のことが手に付かなくなってしまいます。
こんな状態では、とても日常生活をまともには送れません。
ただただストレスが溜まるだけです。

スマホが手元にあると、どうしてもパートナーからの連絡ばかりに意識が向いてしまいますが、スマホを物理的に離すことでパートナーへの依存度を抑えることができます。
「恋人からの連絡が気になってしょうがない」という人は、思い切ってスマホと距離を置いてみましょう。

別にスマホを解約しなさい!とかそういうことを言ってるわけじゃないわよ。
たとえば休みの日、リフレッシュするために一日だけ電源を切っておくとかそれくらいのこと!
スマホ依存気味の私には難しいわ…
そうね、努力でどうにでもなることに「やリたくないから」って言い訳作って鼻から諦めちゃう人には難しいかもね。
きっと恋人ともそんな感じで、はっきり意見も言えないなぁなぁの関係が続いていくんでしょうね。
はわわわわわ…
せめて努力の片鱗でも見せなさいよ!

質の良い睡眠をとる

よく「嫌なことも寝たらすぐに忘れる」とか「寝ることで頭が空っぽになって気持ちがリセットできる」という人がいます。
これはどちらかというと男性に多いようですね。(または男性っぽいさっぱりした女性)
そんな人たちにオススメしたいストレス発散法が「質の良い睡眠をとること」です。

強いストレスを受けると交感神経が活発化し、睡眠に不可欠な副交感神経の働きが弱まります。
この状態だと眠りたくても眠れません。
脳が休息できずに疲れが倍増してしまい、ストレスは溜まる一方です。

質の良い睡眠をとるには、昼間たっぷりと運動をすることです。
運動すると脳内物質セロトニンが十分に分泌されます。
このセロトニンは睡眠物質のメラトニンの材料なので十分に分泌されることにより、ぐっすりと寝ることができるというわけです。

また、夜寝る前に38~40度くらいの湯船にゆっくりとつかり、その後ハーブティーを飲んだり、軽くストレッチで体を柔らかくしておくことも質の良い睡眠がとれる秘訣です。

私も実際、大抵のことは寝たらスッキリするの。
でも、ここでも言ってる通り”質の良い睡眠”が大切!
当時は、毎日悩みすぎて寝不足気味だったかも…

思いっきり泣く・涙を流す

意外と忘れがちなストレス解消法といえば「泣く」ことです。
人は思いきり感情を爆発させることで、心を落ち着かせることができます。
悲しいとき、辛いとき、思いっきり泣いて、心に溜まったストレスという毒素を出していこうではありませんか。

この”泣く”というストレス発散法は、自分のことのみで泣かなくても良いのです。
感動的な映画を観て涙を流したり、音楽に酔いしれて泣いてみたり、とにかく涙を流すことが大事なのです。
泣くため用のマイベストDVDをいくつか用意しておくといいかも!
精神的に疲れているなという人は、ぜひこの「泣く」というストレス発散法で自分自身を慰めてあげてください。

ジュディさんのマイベスト泣ける映画は何?
そうねぇ、あんまり泣くことないんだけど、「最強のふたり」はぜひ見て欲しいわね。
最高のヒューマンドラマよ!
あとはアルマゲドン。
地球滅亡に比べたら、自分の悩みなんてどんだけ小さいことなんだろう…ってなるわ。
そりゃ地球滅亡と比べたらね…

いっそ恋人と話し合う

ストレスが溜まった根本的な原因である恋人と、直接話してみてはいかがでしょうか。
今後も真剣にお付き合いをしていきたいなら、いずれ避けては通れないことです。
しっかりと話し合うことで「こんな風に思っていたのか」とパートナーの気持ちが理解できたり、誤解が解けたりするかも知れません。
お互いの本心がわかることでストレスはすっきりと解消されると思います。

まぁ思い当たることがあるのであれば、その場しのぎで何かするんじゃなく、二人で協力して根本から解決を目指すべきよね。
そうね、真剣にお付き合いを重ねるのであれば、今後のためにいずれは解決しなければいけないことだもんね。

ストレスを溜めないこと

生きている限り、誰しもストレスは避けられないもの。
症状としては「心理面」「身体面」「行動面」と3つの側面にあらわれます。

  • 心理面
  • …イライラする、不安になる、気分が落ち込む、やる気がなくなる

  • 身体面
  • …頭痛がする、肩こり、目が疲れる、動悸、下痢、眠れない、湿疹

  • 行動面
  • 食欲が止まらない、食欲がなくなる、仕事で失敗する、注意力低下

    このような症状に陥っても、「まあ、何とかなるだろう」とストレスを甘く見て長時間放っておくと、ストレスはみるみる雪だるま式に腫れあがり、取り返しのつかない状態となってしまいます。
    最初にストレスを受けたときよりも、時間の経過とともに、さらにストレスが倍増していくからです。
    なので、ストレスは溜め過ぎないこと!
    「最近、ちょっとおかしいかも?」と感じたら、早めにストレスに気づいて、解消することが大切です。

    明らかに大丈夫じゃなさそうな顔で「大丈夫」なんて言われても、大丈夫には見えないわよ!
    信頼できる人に、頼りなさい!
    人間関係に悩まされるだけでなく、時には人間関係に甘えなさい!
    自己防衛は大事ね。
    上手に人生を生きなきゃ!

    ストレスの原因を知っておくこと

    恋愛ストレスといっても、ストレスの原因は具体的に何か把握できていますか?
    ストレスの原因によって対処策が違ってきます。

    依存している

    • 相手から連絡を待ってスマホが離せない
    • 離れていても相手の行動が気になる
    • 24時間、頭の中は相手のことでいっぱい

    これは明らかに恋愛依存度が高い証拠でしょう。
    相手が好きすぎて干渉したり、束縛したりといった、辛い恋愛を繰り返しやすい性格です。
    この性格の人は常に不安に苛まれているので、恋愛を楽しむことができません。

    ストレスを解消するには、パートナーと距離を置くことがポイント!
    もっと自分の時間を楽しむことで自信を持ち、相手に依存しない恋愛を試みるようにしてください。

    自分に向けられている愛情の大小

    • デートの回数が少な過ぎて不満
    • 二人の将来が心配(自分のことをどう思っているのか)

    これらのストレスを軽減するにはパートナーと話し合うことが大事です。
    じっくりと相手の考えを聞いたり、自分自身の思いを相手に伝えたり、そうすることでお互いの気持ちが見えてきます。
    そうなれば、不安もなくなり、ストレスも自然と軽減されていきます。

    そもそも相性が合わない

    • パートナーと喧嘩ばかり
    • 相手と食事の好みが合わない
    • 相手が自分に優しくない

    そもそもパートナー選びが間違っているパターンです。
    二人の相性が合わないから、二人の間で決定的なすれ違いが生まれてしまうのです。
    これ以上お互いを傷つけないためにも、心を鬼にして今後のお付き合いを考え直した方がいいでしょう。

    このように、恋愛ストレスと一言でいっても、解消策は原因により違ってきます。
    だからこそ、まずはストレスの根本的な原因を知り、原因に応じた対処策を練ることが大切です。

    逃げることは悪いことじゃない

    よく「嫌なことから逃げるな」と耳にしますよね。
    場合によってはそれも一理ありますが、逃げることが大切なときもあります。
    どうしても嫌なことがあって、我慢し過ぎて精神的にも体調面でも支障がでてしまったら、最悪ですよね。
    時と場合によっては、逃げることが正解のときもあるのです。

    恋愛ストレスにしてもそう。
    「これ以上この人と付き合っていたら、自分自身がダメになる」
    「将来的にこの人との結婚は考えられない」
    …このようなことに気付いた場合、お互いのために、パートナーとの別れも選択肢に入れておくべきです。

    これ以上付き合っていても先は明るくないでしょうし、仮にストレス解消法を試しても、和らぐのはあくまで一時的。
    結局は根本が解決されなければ徒労に終わるかと思います。

    「嫌だから筋も通さず逃げる」のは本当の逃げになってしまいますが、
    「いくら頑張っても将来明るい見通しが立たない」
    「これ以上耐えられない」
    …という場合は、逃げた方が正解の場合もあるということを知っておきましょう。

    「逃げ」って響きがやっぱり、ちょっと情けないみたいなイメージがして…
    んじゃ「回避」よ。どう、満足?
    てかそんなん誰にどう思われようが関係ないわよ。
    誰かのために人生を生きるんじゃなくて、アンタのために人生を生きなさい!
    気づいたら、かけがえにない”誰か”はついてきてくれてるものよ。

    まとめ

    恋愛において、好き故の苦しみはつきもの。
    恋愛をうまく乗りこなすには、ストレスと上手に付き合っていかなければなりません。

    ストレスをうまく乗り越えた先には、今よりももっと強固な絆で結ばれた二人がいるはず!
    問題から目をそらさず、二人で率先して協力して、ストレスという荒波を乗り越えていきましょう。

    目をそらせば、その分溝は深くなるし、様々な問題が積み重なって、気づいたら複雑怪奇なややこしいものになってしまうわ。
    好き同士だからこそ、真剣に向き合って、話し合ってね!
    次の恋こそ、充実した恋にするわ!
    恋愛ストレスなんか怖くないわよ!
    バッチコイ!
    いやアンタ、まず彼氏作りなさいね。
    いつになったら彼氏できるの?ん?
    神のみぞ知る!
    with記事下
    マッチ記事下
    アプリランキング
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • LINEで送る