遠距離恋愛でも彼氏彼女と上手に付き合っていくためのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
もし彼氏と遠距離恋愛になったらって思うと、付き合っていける自信がないわ…
遠距離恋愛を成就させるポイントを教えて!
“遠距離恋愛を成就させるコツ”ってやつがあるのよ!
遠距離恋愛に悩むボーイズアンドガールズは見てらっしゃい!

「今、何しているんだろう…」「浮気してないよね…?」

愛し合っているからこそ、会えない間に心まで離れてしまうのではないかと、不安や心配は尽きません。
実際に遠距離が原因で別れに至るカップルも多くいます。

そこで、遠距離であっても上手に付き合っていくコツを見ていきましょう!

ドライな面を持つ

ラブラブであるに越したことはありませんが、互いにある程度のドライな面を持っておくべきです。

当然のこととして、好き同士でなければ遠距離恋愛は続きません。
しかし、愛する気持ちが強ければ強いほど、それと比例するかのように、不安や心配の気持ちも大きくなります。

「他に好きな人ができたらどうしよう…」「恋人から忘れられないだろうか…」
相手が近くにいないぶん、このような心配をしてしまうこともあるかと思います。
しかし不安に思ったところでどうにかなるものでもなく、ただ自分を追い込んでしまうだけです。

互いに対する情熱だけでなく、冷静な気持ちも保たなければ遠距離恋愛を乗り越えることはできません。
多少の間相手から連絡が来なくても、「どうしたんだろう…何かあったのかな…?」と不安に思うのではなく、「きっと今は仕事で忙しいんだな。そのうち連絡がくるだろう」くらいの余裕を持って待っていた方が、二人の関係はうまく保たれますし、あなたの気持ちも安定します。

ドライ=信頼

つまり、ここでの”ドライ”という感情は、「恋人への興味の無さ」ということではなく、「恋人に対する信頼」です。
恋人を信頼していれば、多少のこと(連絡が取れないなど)があっても過度な不安に襲われず、「彼(彼女)なら大丈夫」という余裕が生まれます。

二人の信頼関係を育むには、お互いが誤解を生まない行動をすることがポイントになってきます。

  • 連絡してもなかなか返事が返ってこない
  • いつも夜遅くまで飲み歩いている
  • 異性の友達と頻繁にメールやラインのやり取りをしている

このような行動をしていたら、パートナーは不安や心配になって当たり前。
二人の間に信頼関係が成立しづらくなってきます。
パートナーから信頼してもらうために、自分が誤解されないような行動を日頃から心掛けましょう。

「過度に心配しない」「不安に思わない」「相手に依存しない」、それでいて「信頼」と「思いやり」を持つことを忘れないでください!

いちいち「連絡が遅い…何かあったのかな」なんて不安に思っていたら、お互いに疲れてしまうわよね。
“好き同士でありつつも依存しない”という信頼関係が大切よ!
ちょっと返事が遅かったらすぐ不安になっちゃって、「何してるの~」「おーい」なんて連続でメッセージ送っちゃうのよね…
我慢しなきゃ…

連絡を放置しすぎない

遠距離恋愛になると頻繁に会うことができないので、二人の連絡手段は電話かライン(メール)になります。
「会いたい!」と思った時に会えないような距離だからこそ、普段の連絡は大事!
あまり相手からの連絡を放置し過ぎないようにしましょう。

近くに住んでいれば頻繁に会えるので、表情や声の雰囲気から恋人の様子を察することができます。
しかし遠距離となるとそうはいきません。

逢えないうえに連絡もまともにつながらないとなると、「私(僕)たちの関係って、一体何なの?」と自分たちの関係性に疑問を持ってしまいます。
少しずつお互いの心の距離は遠のき、相手に対しての愛情が薄れてしまうのも無理はありません。

「男性はマメに連絡するのが苦手といいますが、彼は積極的にラインや電話などをしてくれた。
面倒くさがらずに連絡をしてくれる気遣いにますます愛情を感じた(女性)」

「どんな些細なことでも、毎日連絡しあうことでコミュニケーションが取れ、愛情を確認し合うことができたので、次に会うまでのモチベーションになった(男性)」

実際に遠距離恋愛から結婚へゴールインしたカップルの話を聞いてみると、会えない間のモチベーションを上手に管理できていることがわかります。

何でもないようなことでも、互いの近況や感情、気持ちを共有し合うことによって、愛情が薄れること無く、遠くにいながらも相手の温度を感じることができます。

ただし、無理やり相手に連絡を強要してはいけません。
相手には相手の生活リズムや、どうしても外せない用事などがあります。
特に社会人になると、仕事の関係などで自身がコントロールできないことも多々あるかと思います。
連絡するにしてもお互いのタイミングや頻度を考えながら、思いやりの気持ちを忘れないようにしたいものです。

時には連絡が多少遅くなってしまうのもしょうがないけど、お互いに「頻繁に会えないという距離感は不安を生む」ということを理解しておくべきよ。
それを互いに考慮して、マメな連絡とまでは言わないけど、あまり連絡の合間を空けすぎず、ある程度の頻度を保つよう心掛けて。
私なんか、何か面白いことがあったらすぐ「彼氏に報告しよ!」だからね。

連絡を”作業”にしない!

遠距離恋愛をしているカップルにとって、電話やライン(メール)でのコミュニケーションの重要さを分かっていただけたかと思います。
しかし、毎日「今日はこんな日だったよ」という繰り返しだと、毎日何か起こるわけではないので、ネタも尽きてしまい、いつしか作業になってしまいます。

遠距離恋愛で連絡し合うことの目的は“二人の愛の確認”です。
と言っても、毎日「愛してる」をささやきあうということではありません(もちろんそれも良いですが)。
心が離れないよう、相手が不安に思わないよう、その目的が果たされていたら、会話の中身なんて何でもいいのです。
変に気構えず、遠慮せず、お互いの好きなことを会話しましょう。

話題の参考例

どうしても話題に頭を悩ませてしまう時は、以下を参考にしてみてください。

  • その日おきた出来事や些細なこと
  • 最近観たテレビや映画のはなし
  • 次に逢ったときのデートの計画
  • 一緒にテレビを観ながらの感想

特に男性は、「用もないのに電話をするのは…」と躊躇する人もいます。
しかし女性は、彼氏と会話できているだけで満足です。
何気ないコミュニケーションだけでも安心するので、「面白い話をしなくては…」と身構えなくても大丈夫です。

「今日、○○のレストランに行ってきたよ。パスタがとても美味しかったから、今度のデートで行こうよ!」
といった具合に、次のデートに繋がる会話をすれば、逢えない時でもモチベーションが維持できます。

住んでいるところは離れていても、リアルタイムで同じ番組を観れば、まるで同じ空間でテレビを観ているかのような気持ちを味わうことができます。
「このドラマのこの設定がいいよね」「今のクイズ○○が正解だと思う」なんて感じでリアルタイムで会話ができ、時間を共有できるわけです。

遠距離での信頼が必要な関係だからこそ、なんでもないような緩い会話も楽しめるようになれれば、いつまでもネタは尽きません。
いちいち「今日は何話せばいいんだ…」ではなく、本当にどうでもいいような話が尽きない関係が理想と言えます。

電話が苦手って人もいるから、そこはお互いの中で落とし所を見つけるべきだね。
でも「苦手だから…」でコミュニケーションを怠って、結果二人の仲が遠くなっちゃうんだったら、ちょっと意識を変えて、「連絡を取る」ということと向き合うべきだと思うよ。
連絡するのが苦手なのはしょうがないけど、だったらそれをカバーできる方法を考えることが大事!

想いはちゃんと伝える

遠距離恋愛中の恋人に、しっかりと愛情を伝えていますか?

愛情を口にせずに長続きしているカップルはたくさんいますが、遠距離というと話は別です。
愛しいと思ったその時に、ハグすることはできません。
「愛しているよ」「好きだよ」といったストレートな表現でなくとも、「自分、愛されてるなぁ」と相手に思わせる言葉を積極的に伝えましょう。
ここで恥ずかしがっていると、相手は不安を募らせ、次第にあなたに対して冷めてしまいます。

また「好き」だけでなく、相手に対して思ったこと、もっとこうしてほしいという要望をしっかりと伝えることも大事です。
「こんなこと言ったら嫌われるかも…」と我慢してばかりだと、その気持ちが溜まってしまい、せっかく久しぶりに会えた時に大喧嘩をしてしまうことも…。

離れているからこそ、こまめな愛情表現と素直な気持ちを伝えることが大事です。
照れくさいと思わずに自分の気持ちを伝えられるというのは、カップルとして当たり前のことであると認識しておきましょう。

離れてるからこそ、「好き」と伝えることには大きな意味があるの。
恥ずかしいからと言って愛情表現をおろそかにしてしまうと、相手の不安が募ってしまうのも無理はないわ。
恥ずかしがるようなことじゃないんだからね!
好き同士だから遠距離までして付き合ってるはずなのに、「好きを伝えるのが恥ずかしい」って大きな矛盾よ。
「いちいち言わなくてもわかるから」って言う人いるけど、わかってるのはあなただけかもよ?
いちいちだとしても、”伝え合う”ってことが大事なの!

お互いの”顔”を見せる

今はとても便利な時代です。
離れていても、写真やビデオ通話などで、相手の近況を画像や動画で確認することができます。
お互いの顔を見せ合い、モチベーションを高めましょう。

たとえば恋人とのツーショットや、過去に撮った写真を待ち受け画面にしてみたりも良いですが、ここで大事なのは定期的にお互いの様子を”目で”確認し合うこと。

今はPCを介さなくても、LINEやSkypeで、スマホで手軽にビデオ通話ができます。
遠距離でありながら「お互いの顔を見ながら話ができる」ということが当たり前にできるので、絶対に利用すべきサービスです!

相手と顔を見ながらのお喋りって、すごく安心することなの。
カップルとして当たり前のことだからこそ、とても大事なことなのよ。
僕の友達も、遠距離の彼女と毎晩LINEのビデオ通話してたよ。
喋ってる恋人の顔をスクショ撮りあったりしてね…
毎晩毎晩飽きもせず…くそっ!!
我々のような愛に飢えている民にとっては、その話は毒ね…

【まとめ】会えないからこそ距離を縮めよう!

遠距離というと、周りのカップルに比べて恋人と逢えない時間は遥かに多いです。
だからこそ、互いに逢えない時間をカバーする努力が必要です。

と言っても好き同士であれば、決して「面倒くさい」とは感じないはずです。
会えない時間で、いかに互いの距離を縮められるかが、遠距離恋愛を成功させるポイントです!

「会える」のが当たり前ではないからこそ、互いの存在のありがたみ、愛おしさを感じましょう。

離れた場所にいるからこそ、それを原動力にするくらいじゃなきゃ遠距離恋愛は難しいと思うわ。
「早く返事したい!」って思い合えたら素敵ね。
かつ、相手の連絡が遅れても、いちいち不安に潰れない余裕を持つというバランスも保ってね!
「好き同士だったらなんでも乗り越えられる!」で実際に乗り越えられるってカップルは、やっぱりお互いの距離感を保つのが上手いのね。
ラブラブに越したことはないけど、お互いのためにドライに考えるべき部分も持ち合わせておくことはマストよ!
ここを勘違いして、友だちの前で「あんま恋人に興味ないからねw」なんて強がるのは絶対NG!
嘘でもそういうことは口にしちゃいけないよ!
気持ちは冷静でも、あえてノロけることによって相手への気持ちを高めることができるよ!
with記事下
マッチ記事下
アプリランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る