自分の時間が欲しい彼氏・彼女の付き合い方テクニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

あらあら、今日は二人揃って何の会?

今までの恋愛反省会…

次の恋を成就させるために、振り返っているの…

空気が重いわ!!
それで、どんな反省が出たの?

僕は当時付き合ってた彼女に「ひとりの時間も欲しい」って言ったら喧嘩になったことがあってさ。
 
なんて伝えれば良かったのかな。

私は「僕との時間をもっと大事にして欲しい」って怒られたことあるわ

それは…あんたたちの考え方と伝え方にコツが必要だったのよ。

詳しく考えてみましょう。

女も男も「自分だけの時間」が必要な時代

彼氏・彼女に、

  • 自分の時間が欲しい
  • ひとりの時間を過ごしたい

と言われて戸惑ったこと、ありませんか?

特に男性は女性よりも「仕事とプライベートを分ける」と言われています。

これに対して女性は「仕事もプライベートも同時並行」で考える人が多いです。

「一日中彼氏のことで頭がいっぱい、いつでも連絡したい!」と思うような女性にとって「ひとりになりたい」という男性の思考は理解しがたいでしょう。

男も女も自分の時間を大事にしたい!

ですが、そのような感覚も古くなってきました。

独身の女性は「彼氏だけ」でなく、女友達や趣味の時間を大切にする人が増えてきていますし、結婚しても仕事を辞めず、仕事に家事、育児に多忙な方が増えています。

独身・既婚、また性別に関わらず「自分だけの時間」が大切な時代背景になってきているのです。

自分だけの時間は、日々の忙しさや人付き合いから解放される貴重な時間ですよね。

そんな時に「電話したい!」「会いたい!」と交際相手に強く言われると、疲れてしまいます。

四六時中、会いたい気持ちもわかりますが、お互いがひとりの時間を持つことは円満交際の秘訣でもあるんです

連絡したがり・会いたがりのあなた、ひとりの時間を欲している交際相手とのお付き合い術をご紹介するのでチェックしてみてください。

このページでは、家庭の話はひとまず置いておいて、お互いの時間を大切にしながら円満に付き合っていくコツを紹介していきます!

彼氏・彼女が「ひとりになりたい」のはどんな時なのか理解する

円満に付き合うコツは、相手の考えを理解することです。
共感できなくても、努力すれば理解はできます。

では、彼氏または彼女が「自分の時間がほしい、ひとりになりたい」と思う時を理解しましょう。

疲れている

例えば仕事で疲れきって帰宅した時。誰に気兼ねするでもなく、ゆっくりテレビを見てぐっすり眠りたいのかもしれません。

勉強したい

もしかしたら、「週末に連日デートするのもいいけど、たまには自分の仕事に活かせるように読書やセミナー会に参加する時間を作りたい」と思っているのかもしれません。

一人で買い物したい

買い物って、買いたい物が決まっていたとしても、どうしても時間がかかってしまいますよね。

  • 試着したり
  • 色で悩んだり
  • あそこのお店と比較したいし
  • お直しが必要だったり

恋人との買い物デートも楽しいけど、相手に気を使いたくないし不機嫌になられても困るから、「一人で買い物行きたい!」って思うことも多いと思います。

平日は時間がなかったりするので、やっぱり週末に時間を確保して行きたいわけです。

買い物に行きたいのに、恋人からグダられたらやっぱりイラッときますよね。

そういう時は、むしろ自由にリリースしてくれた方が魅力的な恋人に見えたりします。

相手のしたいことも時には優先しないと、お互い心地よい関係は保てないですよね。

相手がひとりになりたいタイミングは、あなたが決めるものではありません。
そっとしておくのも、愛情のひとつです。

ひとりの時間がほしい理由を伝え合うと上手くいく!

僕はデートも楽しいけど時には勉強の時間も欲しかったんだ

なら「勉強したいから今週はデート延期にしたい。代わりに来週はちょっと遠出しよう」
って理由と代替え案を伝えたほうが良かったのかもしれないわね。

そっか。言葉で伝えるのって大切ね。
 
私は彼を傷つけたくなくて「今週末はデートの気分じゃないな〜」ってあいまいに言ってたら、「僕との時間をもっと大事にして」って怒られたわ。

それは逆に傷つくね。理由言ってくれないと!

気をつけます…

ひとりになりたい側は相手にきちんと伝えることが大切です。
ひとりになりたい理由も説明しましょう。

02

言われた方は理解してあげよう!

そして、言われた側はそれを理解する度量が必要です。

相手はあなたのことを嫌いになったわけではありません。

「私と会いたくない・電話したくないなんて、嫌われたんだ!」と思い込むのはやめましょう。

増して問いただしたり、あなたの要望を押し付けてしまってはいけません。それこそ嫌われてしまいます。

とは言ってもいきなり相手に「ひとりの時間がほしい」と言われたら不安になってしまいますよね。

そんな時は尋問口調ではなく「何するの〜?」くらいの軽いノリで聞いておけばいいでしょう。
相手もあなたのことを大事に思ってくれているなら、快く教えてくれるでしょう。

相手の時間は相手のもの。

結婚して同じ家に住んでいるならある程度の共有は必要でしょうが、お付き合いの段階で相手の時間を詮索したり深く問いただすのは、あまりおすすめできません。

お互いに自立するのも大事!

長続きするカップルは、程よい距離感で付き合っています。
それは、お互いが自立しているということでもあります。

それぞれ自分の時間を有意義に過ごすことによって、相手への依存度が低くなります。

恋人同士と言っても、しょせんは人間関係。
依存し合っていては、良好な関係は築きにくいです。

自分だけの時間、そして友達や家族との時間も大切にしていれば、内面磨きにもつながります。

あなたの魅力がアップすることで、より一層、相手とのお付き合いも順調になることでしょう。

だからといって自立しすぎも破局のもとだから、程々にね!
時には相手を頼ったり、甘えたりするのも大切よ。恋人同士なんだから!

あ〜そんな相手が欲しいな〜

右に同じく、欲しいな〜

どうしても恋愛観が合わないなら新たな出会いを探そう!

付き合ってからの、

  • デートの回数
  • LINEの頻度

はお互いの恋愛観が強く表れてしまうところです。

なので「毎週デートしたい人と月1回デートしたい人」では、どうしても付き合うペースが異なり、大好き期間のうちは良くてもそのうち段々と「冷め」につながってしまいます。

そうなったら新しい出会いを探した方がお互いにとって良いこともあります。

その場合、「リアルでは新しい出会いがなさそうだな」という方は、マッチングアプリを使ってみるのも手です。

良い人が見つかりそうなら、デートしてみるのもいいし、それによって今の恋人の良さを再発見できることもあります。

①ペアーズ公式(20代におすすめ!)

②マッチドットコム公式(30代以上におすすめ!)

特に女性は無料なので、まだ使ったことない方は試しに利用してみてください!

omiai記事下
マッチ記事下
アプリランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る