合コンでの出会いが結婚につながらない理由!もっといい方法はない?【女性向け】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

良い男がいない!
 
やっぱり良い男を見つけるためには出会いを増やすしかないわね。
 
早速、今週末あたり合コンに精を出しますか!

ちょっと待ちなさい!
 
あんた、結婚がしたいのよね?

えっ、そうだけど?
 
はやく結婚したいから、合コンに良い男探しに行くんじゃない

合コンはね、結婚したい男女が集まる場所じゃないの。
 
結婚のために合コンに出会いを探しに行くなんて時間がもったいないわよ!

結婚したいけど良い男性がいない!と感じた時、まずは出会いを増やそう!と考えますよね。

出会いを増やすための方法としてよく名前の挙がる「合コン」

しかし、合コンはあくまで「遊びの延長」として捉えている人が多いということを知っておく必要があります。

出会いの場として、今も人気の高い合コンですが、はっきり行って、合コンから結婚につながる確率はとても低いです。

もちろん「合コンで出会った人と結婚した」という方はいますが、多くの場合は結婚相手を探すために合コンに行っていたわけではありません。

大半がなんとなく「良い人がいたら付き合いたいな~」という気持ちで参加し、たまたま良い人がいてお付き合いして結婚に至ったという流れです。

株式会社メディア・マーケティング・ネットワークの調査によると、

  • 既婚女性が夫と出会った場所として、合コンでの出会いは4.8%
  • 結婚のために婚活を行った人の合コンでの婚活の成功率は15.6%

と、他の婚活(SNS、インターネットを介した出会い50%・結婚相談所45.5%)に比べて低い数値であることがわかります。

出典元:婚活にまつわるデータ

データからも分かる通り、合コンでの出会いが結婚につながる可能性はゼロではありませんが、限りなく低いとみていいでしょう。

合コンが結婚につながらない5つの理由を説明します。

合コンにはそもそも良い男がこない

まずそもそも合コンに良い男が来る確率は非常に低いです。

単刀直入に言えば、女性の理想を満たすような男性は、合コンにくる必要がありません。

合コンにこなくても、職場や学校でいくらでも出会いがあるからです。

女性が思い描くような理想の男性は

  • 「職場が男性だらけで出会いが本当にない」
  • 「彼女にフラレて傷心中に誘われた」

といった理由がなければ、まず合コンに参加しません。

合コンでの婚活は、たまにいる「良い男」に運良く当たることを祈って参加しているようなものなのです。

出会いの場として合コンを選ぶこと自体が、良い男から遠ざかっていると言えるでしょう。

まあ、普通に考えればそうよね…。
 
良い男が合コンにわざわざ参加する必要性なんてないわよね…。

容姿の面だけで言えば、良い男もいるけど、そういった男性の大半は「遊びたい」って感覚だからね。
 
婚活の場として合コンは適切じゃないのよ。

お金と時間がかかる

合コンに参加する前に分かる相手の男性の情報といえば、

  • 何の仕事をしているか
  • 何歳ぐらいか

の2つ程度です。

相手のことは事前にほとんど知ることができず、まずは合コンに参加して相手を直接見て確認するしかありません。

そのため、参加してはじめて「アタリ」や「ハズレ」を判断することになるので、良いと思える男性に出会うまでとても時間がかかります。

また、合コンの厄介なところは、参加してすぐに「ハズレ」と感じても、参加したからにはお金を払う必要があるところです。

男性が全部払ってくれる場合や、女性の払う額が少ないこともありますが、割り勘だったり、中には男性幹事に騙されて女性がほとんど払っていた!なんて話もあります。

女性が一回の合コンにかかる費用は平均で2,000円~3,000円と言われており、合コンの平均的な開催人数は3対3または4対4辺りです。

金曜の夜に毎週合コンに参加するとすれば、1ヶ月で8,000円~12,000円の出費にも関わらず、たった12人~16人の男性としか会うことができません。

合コンでの婚活は、良い人に出会える確率も低い上に、かかる金額や時間も相当なものになってしまいます。

そのため、途中で「合コンはコスパが悪い」と気付き、合コンでの婚活を辞める人の割合が多く、結果的に合コンでの婚活は成功率が低くなります。

確かに、合コンでかかるお金はお財布事情的にキツイものがあるのよね。
 
お会計になるまで、いくらかかるかわからないことも多いし…。

合コンに参加するなら、せめて最初に払う金額が決まってる合コンか、男性が全て持ってくれる合コンにしときなさい。
 
お会計で揉めると、100年の恋も覚めるわよ。

既婚者や、彼女持ちも参加していることがある

多くの合コンは、男女の数を合わせた上で開催されます。

そのため、「数合わせ」として、既婚者や彼女持ちの男性が参加していることがあります。

良いな!と思う人にアプローチをかけて、連絡先を聞こうと思ったら言葉を濁され、よくよく聞いてみると既婚者(彼女持ち)だった!なんてことも。

こうなると、時間とお金の損失しか残りません。

どんな出会いでも不倫目的や浮気目的の男性がいる可能性はありますが、合コンは「数合わせ」の必要があるため、それだけ既婚者や彼女持ちといった「出会いを求めていない人」の参加確率が上がります。

ただでさえ、一度で知り合える人数が少ない合コンに、数合わせの男性が紛れている可能性を考えると、出会いを増やすという意味でも合コンはあまり期待ができません。

あるある!
 
しかも、既婚者とか彼女持ちってがっついてないから魅力的に見えちゃって、他の男に目がいかなくなるのよ!

彼らも仕方なく参加しているから、責めづらいけどね。
 
彼らのせいで折角の時間とお金が無駄になってるのは間違いないわね。

ノリ重視なので、相手の人柄や考えを知ることが難しい

合コンで大切なのは、その場を盛り上げ、楽しむことです。

そのため、結婚相手を選ぶ際に気になる「価値観」や「考え方」は、お互いが「良いな」と思った上で連絡先を交換し、やりとりを重ねてはじめて分かります。

仮に、女性が結婚を考えていて、合コンで価値観や考え方といった深い話をしてしまうと、男性に

  • 「結婚を焦ってる」
  • 「重い」
  • 「真面目すぎてつまらない」

といった悪い印象を与えてしまいます。

合コンの場は、例え結婚相手を探したい!という気持ちで参加していたとしても、周りの雰囲気に合わせノリよく楽しまないと、連絡先の交換もできず次の出会いにもつながりません。

3時間ほどの限られた時間の中で、初対面の男性と意気投合し、盛り上がれるような女性でなければ、合コンでの婚活は向かないでしょう。

しっかりと相手を見極めたい、ゆっくりと話しをして気が合う男性を見つけたい、という真剣な出会いを求めている女性にとって合コンはかなり不利な場となります。

わたしは、合コン自体は苦手じゃないんだけど、昔から合コンで出会った男性とお付き合いに至ってもすぐに別れちゃうのよね。

合コンからだと軽い気持ちで付き合う場合が多いから、それだけお互いに執着しづらいのよ。
 
若いうちは、色んな男性と付き合ってみるっていうのも良いかも知れないけど、結婚を考えているなら、相手の人となりを知った上で付き合わなきゃ上手くいかないわよ。
 
そういう意味でも合コンはあくまで「遊びの延長」なのよね。

結婚相手を探すために合コンに参加している男性は少ない

合コンでの婚活の最大のデメリットは何と言っても、「結婚相手を探している人が少ない」という点です。

合コン自体が気軽に開催、参加できるので、真剣に出会いを探している人より、良い人がいたら付き合いたい、ぐらいの軽い気持ちで参加している人が圧倒的に多いです。

その上、合コンに積極的に参加し、楽しんでいる男性は、飲み会のノリが好きで、まだまだ遊びたい盛りの人が多く、結婚まで考えていない人がとても多いです。

仮にお付き合いに至っても、結婚前提ではなく、「とりあえず付き合ってみる」という感覚の男性ばかりで、「結婚がしたい!」と思っている男性にはほぼ出会えません。

多くの時間とお金を使って、理想の相手に出会えたとしても、そこから結婚につなげるためには、また長い時間が必要となります。

こういったことから、合コンでの出会いは結婚に繋がりにくくなっています。

よくわかったわ!
 
私は結婚がしたいから、合コンみたいな軽いノリじゃなくしっかりと相手を探すことにする!

よろしい。
 
若い時の感覚で出会いを求めてちゃ、中々結婚につながらないから、ちゃんと「結婚を視野に入れている男性」を探すようにしなさい!

【提案】合コン以外で出会いを増やす方法

良い男がいない!出会いを増やしたい!と考えて合コンに行くぐらいであれば女性完全無料のマッチングアプリペアーズ を使用する方が無駄な時間もお金も取られないのでオススメです。

実際に、R子さん(仮名)は、ペアーズをはじめて半年で彼氏を見つけています。
pairsで出会ってみた!彼氏欲しいR子がペアーズ体験

ペアーズはコミュニティ機能という独自の機能があるので、結婚相手を探している女性にとっても、使いやすいのが特徴です。

実際に「結婚」と調べると、数多くのコミュニティが該当します。

女性は完全無料なので、出会いがない~!と嘆く前に一度試してみてくださいね!

合コン以外で出会いを増やすならペアーズ

with記事下
マッチ記事下
アプリランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る