農家に嫁ぎたい!農業男子と出会って結婚する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

満員電車に残業に休日出勤、街中を行き交う余裕なき人々、積もりゆくストレス…。
 
もう都会の生活には疲れたわ…。

だ、だいぶ病んでるわね…。

もっと自然の中で伸び伸び暮らしたい!
 
この前、農業婚活の番組を観てから自然の中での生活にすっごい憧れてるの!
 
わたしも農家の男性と結婚したい!

あんたの理由はどうあれ、農業男子と結婚したいっていう気持ちは受け取ったわ。
 
そうしたら今回は、農家の男性と結婚したいという女性のために農業男子と出会い、結婚する方法を教えてあげるわ!

もっと自然の多い場所でのびのびと暮らしたい、いつ潰れるかわからない会社に勤めている男性より、苦労があっても生活には困らない農業男子のもとに嫁ぎたい!

こういった気持ちで「農家の男性と結婚したい!」と考えている女性も多いのではないでしょうか。

実際、田舎は都会に比べて時間や仕事に追われる感覚も少なく、のびのびと過ごせます。

また、農家の男性は仕事の関係上、出会いが少なく、お嫁さんが欲しいと思っている魅力的な男性がたくさん残っています。

農業男子は田舎暮らしをしたいという婚活中の女性にとっては、狙い目といってもいいでしょう。

今回は、農家の男性と結婚したいという女性のために農業男子と出会い、結婚する方法をお伝えしていきます。

やりたい農業を決めよう


まず、一言に「農業」と言っても種類がたくさんあります。

農業男子との結婚を現実的なものにするためにもまずは「自分がどういった農業に携わりたいのか」を考えておきましょう。

農家によっては、嫁さんは農業に携わらず子育て、炊事洗濯といった家事をやってくれればいい、という考えのところもありますが、多くの場合、農業も手伝って欲しいと考えています。

農家に嫁ぎ、理想の生活を手に入れたいのであれば、しっかりと、自分の携わることになる農業について考えておきましょう。

農業の内容としては、

  • 畑作
  • 果樹作
  • 花卉栽培
  • 畜産
  • 酪農

が主流です。

どれが一番良いということはなく、「自分が何をやりたくて、何をやりたくないか」が大切となってきます。

また、同じ農業内容でも、北から南でまったく違った作業内容、栽培時期になることも少なくありません。

  • 自分が住みたい地域はどこか
  • やりたい農業は何か、やりたくないことは何か

を基準にして、先にある程度「どういった農業に携わりたいか」を決めておきましょう。

こうすることで、お相手の男性を選びやすくなりますし、一気に農家に嫁ぐということが現実的になってきます。

農家に嫁ぎたいなら、自分がどんな生活をしたいのかを、今一度しっかりと考えなさい。
 
農業と一言で言ってもかなり幅広いわよ。

漠然と農家の男性との結婚を夢見てるだけじゃ、理想の田舎暮らしはできないわね。

農業男子が求めているお嫁さん像を知ろう

農業男子と結婚するためには、農業男子の求めているお嫁さん像を知っておきましょう。

農家の男性は、女性との出会いが少なく嫁不足が深刻なことも多いので、あまり女性に対して高望みはしていないことが多いです。

どちらかというと、「農家に嫁ぐことに耐えられる女性」であることを重視しています。

実際に農家に嫁いだ後に「こんなキツイとは思わなかった」と後悔をしないように、農業男子が求める「農家に嫁ぐことに耐えられる、理想のお嫁さん像」に自分が当てはまっているかを確認しておくことをオススメします。

責任感があり、しっかりしている


農業男子は結婚相手に「責任感」があることを求めています。

農家の仕事は時給や月給で働くわけではありません。

都会の仕事なら、気持ちが乗らない時にサボっても、手を抜いても、バレなければ何とかなってしまうことも多いでしょう。

しかし、農業は違います。

農業におけるサボりや手抜きは、生活や売り上げに直結します。

そのため、農業男子は結婚する女性には「責任感があり、しっかりしている女性」を求めます。

誰も見てないからいいや、バレなければ適当でいいや、という考えを持った女性は、農業に向いていないですし、農業男子の理想ともかけ離れます。

農家に嫁ぎたいのであれば、普段から責任感のある言動を心がけ、農業男子に「安心して仕事を任せられそう」と思われるようにしましょう。

農業は一般的な仕事以上に、仕事に対する責任感がないと務まらないわ。

何かを作ったり、育てたりするのが好き


どの農業に携わるとしても、何かを作り、育てることになります。

農業男子としては、こういった何かを作り、育てることに喜びを感じてくれる女性は、一緒に働いていてモチベーションも上がりますし、ぜひ、お嫁さんになって欲しいと感じます。

また、作り育てることが好きな女性は、農家の仕事にやりがいや達成感を感じられるため、気持ち的にも充実した生活を実現できます。

逆に、作ったり育てたりすることに興味がないと、作物や動物のちょっとした変化に気づけず重大な失敗をしてしまう可能性もある上、農業の仕事をしていてもつまらないと感じてしまい、やりがいのない苦痛な生活を送ることになってしまいます。

今一度、自分が農業の基本である、何かを作ったり、育てたりするのが好きなタイプかどうかを確認しておきましょう。

何かを作ったり育てたりするのが好き!って人は、気の長いタイプが多いわね。
 
すぐに結果を出したい!って人はあまり農業には向いていないかも知れないわ。

休みがないことを理解してくれる


農業というのは忙しさに波はありますが、基本的には1年中、ほぼ休みがありません。

農家に嫁ぐと家族旅行や、遠出といったことはほとんどできなくなると思った方が良いです。

畜産や酪農のような生き物を相手にする農業で休みがないのはもちろんですし、作物の栽培でも、収穫後は土壌の手入れや、次の作物の準備といった仕事で休みはほとんどありません。

なので、娯楽や非日常にあまり興味がなく、自然の中で過ごすこと自体に喜びを感じてくれるような女性にお嫁さんに来てほしい、というのが農業男子の希望です。

仕事の休みがない=つらい、っていうのは考え方次第よね。
 
最初は肉体的にはつらいかもしれないけど、都会で感じる仕事のストレスとは別物な感じがするわ。

その通りよ。
 
自然の中で自分のペースで仕事をして常に家族と一緒にいられる、これに喜びを感じられる女性なら休みがないこと自体はそんなに苦じゃないって人も多いわ。

家族と一緒にいるのが好き


農業の仕事というのは、規模によっては家族だけで経営していることも多いです。

そうなると必然的に、一日中家族と一緒にいることになります。

なので、

  • 家族とずっと一緒にいるのは嫌
  • 一人の時間が欲しい
  • 好きな人だとしても、行動を把握されているのは嫌い

という人にとっては農家に嫁ぐというのは気持ち的にキツイ面があります。

逆に、

  • 家族とずっと一緒にいたい
  • 家族のために頑張りたい

という女性にとっては、理想的な働き方ですし、「外での交流ではなく、家庭を大切にして欲しい」という農業男子にとっても理想的な女性だと言えます。

「友達付き合いより、家族が大切」そんな考えの女性が農業男子からしたら理想的よ。

農業っていうのは、家族が互い互いに支え合わないと成立しない仕事ってことね。

そういうこと。
農業は適正さえあれば、自然の中で充実した生活が送れる本当に良い嫁ぎ先よ!
 
最後に、農家の男性と出会うオススメの方法を教えるわ!

農家の男性と出会う方法

農家の男性と出会うならブライダルネットの利用がオススメです。

ブライダルネットではプロフィール検索の職業欄を「農家/畜産家」にすることで、農業をしている男性を探すことができます。

農業の年収というのは、1000万以上から500万円以下の農家までかなり幅があります。

また、農家に嫁ぐか悩んでいる人の中には「相手の家族と同居しなくてはいけないんだろうか…」と気になっている方も多いと思います。

しかし婚活サイトを使えば年収もわかりますし、ブライダルネットでは「家族との同居の有無」という項目もあるので、安心して自分の希望通りの農業男子にアピールすることができます。

農業と一言で言っても、かなり幅広いので、自分の理想通りの農業男子と出会いたいのであれば、婚活サイトの利用をオススメします。

農家の男性と出会うならブライダルネット

omiai記事下
マッチ記事下
アプリランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る