出会い系に潜むサクラを見抜け!サクラの見分け方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この前テレビで、出会い系のサクラ問題を取り上げてたの。
 
マッチングサービスユーザーとしては、気が気じゃないわ…!
 
サクラが絶対に存在しないサービスってどこ!?

「絶対に存在しない」なんて言い切れないわよ。
そりゃどこのサービスもサクラ撲滅を掲げてるけど、絶対的な安全なんてどこにもないの。
 
自分で自分の身を守る術を知っておきなさい!

今やネットを介する出会いが一般的になり、最近ではFacebook認証が必須といった、サクラ/業者の排除に積極的な真面目なマッチングサービスが人気です。

これにより、悪徳な出会いサービスが横行していた頃に比べると、サクラの存在も少しは減ってきましたが、完全に排除することはやはり難しいようです。

異性との出会いを求める利用者がいて、業者に利益が発生する隙間がある限り、今後もサクラの存在が無くなることはありません。

そこで重要なのは、サクラと正規利用者を見分ける目です。

自分の身は自分で守るために、基本的な自己判断力がなければ、ネットを利用するのは難しいでしょう。

そこで、今回は出会い系に潜むサクラの見分け方をご紹介します。

サクラのやり口

ここでは具体的に、サクラが使いがちな手口についてお伝えします。

運営会社仕込み

出会い系サイトの料金体系を大きく分けると、

  • 無料
  • ポイント制
  • 月額固定

…という3つのタイプが存在し、出会い系サイトの実に7割以上が「ポイント制」の料金体系と言われています。
サクラとしてもっとも活動しやすいのがこのポイント制です。

ポイント制の出会い系は、男性がポイントを購入することで運営会社に収益が発生します。

そこで運営会社がサクラを仕込み、利用者である男性に気のあるそぶりをしてどんどんポイントを消費させ、サイト自体に儲けを発生させるという仕組みです。

このように非常に悪質なサービスが実際に存在しています。

サクラの基本は

  • 「一般女性会員(男性)のふりをして、男性(女性)とのメールのやり取りをする」
  • 「受信したメールには必ず返事をする」

です。

サクラは多くの男性に対応できるよう、一つのアカウントで様々な人物像を使い分けます。

もちろん、実際はプロフィール写真の人物ではないため、実際に会うことは不可能。

いざ会う約束まで持っていっても、「急用ができた」とドタキャンし、接触を回避するのもサクラの手口です。

まともなポイント制サイトも一部ありますが、サクラ被害にあう確率を確実に減らすのであれば、「ポイント制」の出会い系サイトは利用しないことをオススメします。

今や、出会い系ではなく”マッチングサービス”がよく使われてるからね。
 
基本的に月額制だから、ポイント制よりも断然、安心して使えるわね。

LINEをやっていないと言い張る

やたらと気のある素振りをするにも関わらず、いざ「ライン教えて」と言うと「ラインはやっていないの。だから、このサイトを通してメッセージしましょう」とラインを教えず、やたらとサイト内でのやり取りを引っ張ってくる会員は、サクラと考えていいです。

サクラ(メールレディ)の特徴として、

  • 男性側からメールアドレス(ライン)を聞かれた場合は「まだ怖いから教えられない」としながらも、できるだけメッセージのやり取りを長引かせてくる
  • すぐに会いたがる男性には、あたかも気のある素振りを見せて「会えるかも…」という微かな希望を抱かせつつ、引っ張れるだけメッセージを引っ張る

というのがあります。

これはまさに、ポイント制サイトにおいて、運営会社が主導となって行うサクラの手口です。

いつまで経ってもサイトから離れようとせず、何かと長引かせてポイント追加を狙っていると見てほぼ間違いありません。

ポイント制ならではの手口ね。
 
まともなポイント制の出会い系もあるんだろうけど、申し訳ないけど月額制のマッチングサービスと比べると、どうしてもポイント制を使うメリットが見つからないわね…

他サイトへの誘導

プライベートの連絡先を聞けたとしても、油断はなりません。

メッセージ、あるいはメールでのやり取りで、何かしらの理由をつけて他サイトへ誘導し、そこでメール(またはチャット)をしてほしいと打診する手口もあります。

「スマホが壊れたからしばらくラインで連絡できない!でも連絡は取っていたいから、スマホが復活するまでの間、簡単な登録が必要だけどこのサイトで連絡取ろ♪」
などと誘い、サイトに登録が完了した瞬間、他の出会い系サイトへの登録が完了するという流れがもっとも多いです。

他にも、はじめからサイトプロフィール内にURLを載せて、他のサイトに誘導しようとしている場合もあります。

甘い言葉に惑わされて、ついURLで導かれた先は高額請求をしてくる詐欺まがいの出会い系だった…ということもありがちです。

たとえ普段のやり取りに違和感を感じなくても、このような流れになった瞬間に「あ、サクラだわ」と一瞬で気付ける判断力を持ち合わせておきましょう。

これはマッチングサービスでもあり得ることだから、気をつけて。
 
これまで違和感なくやり取りができてたとしても、スマホが壊れたとかそんな理由で、謎のメールサイト(?)に誘導して登録させようとするの。

そんなわけわかんないサイト登録しなくても、PCから普通にメール/チャット/ラインできるからね。冷静に!

とにかく胡散臭い

卑猥な言葉や、想像力を掻き立てるお誘いの言葉、中には完全にいやらしい画像などを載せたメッセージを送ってくる人がいたら、ほぼほぼサクラと見て良いでしょう。

出会い系ともなると、下心なく登録している男性などほとんどいません。

そんな男性心理を利用していやらしいメッセージを送り、男性の気を惹かせようと、あんな言葉こんな写真で男性の欲求をくすぐります。

しかし普通に考えて、いきなり「私とエッチしませんか?」や「いやらしい写メを見て」なんて女性の方から言うはずがありません。

胡散臭さが振り切っているので、これに引っかかる男性もあまりいないとは思います。

しかし未だにこの古典的とも言える手法が使われているということは、引っかかってしまう男性が一定数存在しているという悲しき事実でもあります。

狙われるのは男性ばかりではありません。
実はこのような手法で、女性が騙される場合もあるので要注意!

と言ってもストレートな下ネタではありませんが、たとえばとんでもないイケメンからアプローチを受けたり、芸能事務所のマネージャーを装って連絡してきたり…あの手この手でお金を引っ張ってこようととにかく必死です。

あなたが連絡を取っているその男性…本当に存在していますか?

「胡散臭い…」と少しでも思ったら、被害に遭う前に連絡を絶つことをおススメします。

サクラとはまたちょっと違うけど、会ってみたら実はデート商法(ジュエリーやマンション販売)マルチ商法(ねずみ講、投資セミナーへの勧誘)だったなんてこともあるから、下手なサイトは使っちゃだめよ!
 
口コミをしっかり見てね。

同情を誘う

まだ出会って間もないのに深刻な相談事をしてきたり、やたらと自分の不幸体験を語ってくる相手は怪しいです。

保護本能や母性本能に訴えかけて同情を誘い、思惑のとおりに人を動かそうとします。
たとえば…

  • 親の借金を肩代わりし、お金に困っている。
  • 上司からのセクハラで身も心もボロボロ…。
  • 今まではお金目当ての女性しか寄ってこなかった。
  • 何度も男性(または女性)に裏切られてばかりで辛い恋愛しか知らない。

冷静に考えてみてください。

見ず知らずの人に、いきなり自分のウェットな悩みを打ち明けたいと思いますか?

本当に深刻な悩みがあるなら、出会い系の男性に相談するのではなく、もっと身近で信頼できる相手に相談するのが自然です。

これらのデリケートな悩みは、あなたからお金を引き出す布石なの。
油断しちゃだめよ。

すぐに会いたがる

前述では、サクラには会えないと言いましたが、逆に「すぐに会いたい…」と積極的に求めてくるパターンです。

特にあなたが男性である場合、すぐにデートに誘ってくる女性は怪しいです。

サクラか、はたまたデート商法の可能性が高いと思われます。

サクラの女性の場合…

気のあるそぶりをしてメッセージを長引かせ、約束のデート当日に「ごめんなさい(涙)急に親戚に不幸があって…」などと理由をつけてはドタキャンするというパターンを繰り返します。

デート商法の場合…

なんと実際に相手の女性と会えます。

しかし、デートとして女性が働いているジュエリーショップか怪しい展示会に招きいれ、高額なアクセサリーを購入するまでは帰らせてもらえないという鬱陶しい手口です。

どちらにしても女性側から「すぐに会いましょう」なんて普通は書かないものです。

何の関係も築けていないどこの誰だか分からない男性と、すぐに会いたいと思う女性なんていないと考えてください。

美人局って場合もあるわよね…
こればっかりはメッセージの段階での見極めがなかなか難しいわよね…

初めて会う場合は、会う場所に気をつけることよ!
最悪を想定して、人の多い場所を選ぶとかね。

やけに長文

異常なくらいの長文で、一方的に自分の情報を送ってくる人がいたら、これはサクラの可能性が大!

メールで自分の魅力をアピールし、相手を惹きつけようという魂胆です。

相手が自分に興味を持ってくれたらメッセージ交換は何回もできますからね。

ちなみにその長文メッセージはあらかじめ作っておいたもので、それをコピペして使いまわしています。

当然、あなただけでなく他の異性にも同じ内容のものを送っているはずです。

特に返信時間が異様に早いにもかかわらず、長文メッセージが送られて来たら、仕組まれていると判断してください。

でも、これは結構わかりやすいわ。
文章からあからさまな怪しさを感じると思う。
 
「ちょっと積極的すぎない?」って人は一度疑って!

話が噛み合わない

以前話した内容とつじつまが合わない、会話の内容がかみ合っていない、という場合はサクラである確率が高いです。

たとえば、プロフィールには「趣味は読書(インドア派)」と書いてあるのに、メッセージでは、
「あなたと同じでアウトドア派です!夏はよくキャンプや海水浴に行きます!」
と、相手に合わせるあまり、自身のキャラや設定を間違えてしまっている場合。

他にも、初めの自己紹介では「職業は看護師です」と言っていたにも関わらず、メッセージをやり取りしている中で「OLだから土日休みなの」という答えが返ってきたり…

基本的にサクラの女性は一人で複数の女性キャラを演じています。

要するに嘘をついて会話しているため、自分のキャラ設定と相手とのやり取りがグチャグチャとなることもあり、話がかみ合わず、ズレが生じてしまいがちです…

サクラはコピペ文を基本として会話してるから、やり取りをしているとどこか違和感を感じてくるかと思うわ。

巧妙なサクラに騙されないために

上記にあげた例は、もはや誰もが知る基本的なサクラの手口です。

しかし、最近ではサクラの手口もさらに巧妙化しており、サクラか素人か、判断しにくい場合もあります。

サクラの被害に遭う前にできる対策をご紹介します。

マイナーなサイトには登録しない

興味が湧いた出会い系サイトを見つけたら、まずはそこの会社の評判をリサーチしてみることから始めましょう。

出会い系の評判は、ネット検索でいくらでも知ることができます。

掲示板では、実際に利用したリアルで生々しい口コミ情報も書かれていたりします。

たとえば、「○○の出会い系はなかなか女性と会えない」「○○の出会い系で出会った女性と約束したのにすっぽかされた」など。

これら評判が悪い出会い系サイトには登録しないことです。

ネットでリサーチすることで事前にサクラの被害に遭わずにすみます。

すでに評判の悪い出会い系サイトを利用している場合、何かしらの登録を勧められるかも知れません。

しかし、そのお誘いに乗ってはいけません。

他サイトへの誘導を促すメールが届いたら「これは悪徳業者の仕業だな」と判断し、深入りする前にそのサイトからは手を引くのが賢明です。

まぁ、出会えなかった腹いせにめちゃくちゃ書く人もいるから、悪評をなんでもかんでも信じるのもちょっと考えものだけどね。
 
「名前をよく聞く」「長いこと運営してる」とかそんな基準でいいから、なるべくメジャーなサービスを選ぶべきであることは間違いないわ。

優良マッチングサービスを使う

「ポイント制」の出会い系サイトを利用するよりも、「月額固定料金」かつ「身分証明書が必要」なマッチングサービスを利用した方が、より確実に異性と会うことができます。
ここではサクラの少ない(ほぼいない?)優良なマッチングサービスをご紹介します。

マッチドットコム

まずは、マッチングサービスとして20年以上運営している、老舗かつ世界最大級マッチドットコムです。

そこらの変な出会い系とは違い、真剣な出会いを求める女性たちが多く登録しています。

そのため、女性も積極的に出会いを求めており、リアルな恋の駆け引きが期待できます…!

マッチドットコムは、「本人確認」「勤務先証明」「収入証明」「独身証明」などといった本人証明の提出を徹底しています。

その際、どの本人証明が提出済みかというのが一目でわかるよう可視化されています。

これらをチェックした上で相手を探せば、サクラなどの被害に遭う可能性がほとんど無くなります。

悪いことをしたら運営側に報告がいき、身元がすぐに判明してしまうので、サクラや業者には活動が難しい、健全なマッチングサービスと言えるでしょう。

安心安全に恋人を探すならマッチドットコム

ペアーズ

ペアーズ は、Facebookと連動している健全なマッチングサービスです。

恋人がほしい20~30代の男女から特に人気があり、2017年1月には累計会員数がなんと500万人を突破しました。

マッチング成立数が公式データとして公開されており、2016年5月の時点では2230組を突破しています!

ちなみにペアーズはFacebookのアカウントを持っていないと利用できません。

アカウント規制も厳しくなっているため、そこでサクラとして活動しようとするとなると手間暇がかかるので、サクラ/業者からしたら非常に厄介です。

マッチングサービスとして安心安全な環境をユーザーに提供しているのも、人気を呼ぶ理由の一つです。

安心安全に恋人を探すならペアーズ

マッチドットコム」と「ペアーズ、どちらのサービスも身分証明が必須なの。
 
偽名をつかって登録しようとしてもごまかせず、業者が行動しようにも月額の利用料金がかかるわ。
 
悪徳業者が活動しにくい環境のマッチングサービスなので、あまりに言動がおかしくない限りは、登録している男女は皆”本人”とみて良いでしょう。

 
▼マッチドットコム/ペアーズについて更に詳しくは…▼

安心して出会える!恋活マッチングアプリおすすめランキング

まとめ

とにかく、少しでも「怪しい」と感じたら、深入りする前にさっさと連絡を絶つことが大事です。

万が一、何かしらのトラブルに巻き込まれてしまった場合は、素直に警察に相談することをおススメします。

警察の組織の中には「サイバー犯罪相談窓口」と呼ばれる組織があります。

しかし、出会い系の被害を警察にも知られたくないというのであれば、「弁護士ドットコム」というポータブルサイトを利用してみてはいかがでしょうか。

こちらの掲示板に出会い系で受けた被害内容を相談すると、こちらのサイトに登録している何人かの弁護士の人から法的な回答を得ることができます。

相談しても相談料はかかりません。

インターネット全盛の時代において、ネットを介して出会うということはなんら珍しいことではなくなってきました。

しかし、そうした利便性に目をつけ、中には利用者のお金を根こそぎ持っていこうとする悪人もいます。

残念ながら、出会い系/マッチングサービスがある限り、全てのサクラを排除することは、恐らくできません。

だからこそ、自分の身は自分で守る術を知っておきましょう。

本当、男性も女性も油断できないわね…

便利なサービスが登場すると、その抜け穴を見つけて良からぬことを考える奴が現れるのは時代の常よ。
インターネットは上手に使わなくちゃね!
omiai記事下
マッチ記事下
アプリランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る