可愛く見えないNGデートファッションの特徴8つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「何を着て行こう……」

デートや合コン前は、洋服選びで悩んでしまいますよね。

自分のファッションに自信がないという方も多いのではないでしょうか。

筆者自身、人生初デートのときに何を着るべきかわからず、おしゃれな友人に洋服から小物まですべて借りた経験が……。

そこで今回は、“可愛く見えないNGファッション”のポイントを8つをご紹介します。

おしゃれ上級者を目指す前にまず押さえておきたいのが、デートで絶対に避けるべきファッションのポイント。

デートの前に、次の8つのNGポイントをしっかり押さえておきましょう。

NG1:調査でモテないと判明!ボーダー柄


あらゆるアンケート調査で、ボーダー柄は男性ウケが今一つであるという結果が出ています。

メンズライクな印象もあり、シンプルにボーダーを着てしまうと可愛いイメージは生まれにくいのかもしれません。

さらに、横にシマが入っていると太って見えやすいのも難点。

もちろん、ボーダーをおしゃれに可愛く着こなせればOKです!

自信がない方は、ボーダーを避けた方が無難でしょう。

NG2:不潔感漂う…毛玉付きの服やタイツ


コーディネートはおしゃれなのに、毛玉がたくさん付いていては台無し。

「女性のファッションはよくわからない」という男性でも、毛玉や服の状態は目に付いてしまうもの。

意外とうっかりしがちなのが、タイツの毛玉やほころびです。

不潔感、貧乏くささがにじみ出るので、消耗品だと心得ていつもきれいな状態のものを着るようにしましょう。

NG3:幸せが逃げそう…スカルデザイン

たくさんのスカルがあしらわれた服を選ぶ人は少ないかもしれませんが、さりげなくスカルが入ったデザインの服や小物を持っている方はいるはず。

スカルと言うとおしゃれな響きに感じますが、ドクロと言えば不吉なイメージを持ちますよね。

スカルは男性ウケもよくない上、風水的にもマイナスの気を引き寄せると言われています。

デートや合コンを成功させたいのなら、スカルデザインは選ばずプラスの気を引き寄せたいところです。

NG4:仕事帰り?とツッコミたくなるデカバッグ


デートなのに、合コンなのに、大きなバッグで出かけていませんか?

A4の資料でも出てきそうなデカバッグは、非モテの象徴。

大きなバッグは、まるで仕事用バッグやママバッグのような印象を与えます。

逆に小ぶりなバッグを持てば、コーディネートを全体的に可愛く見せることが可能。

あれもこれも持ち歩こうとせず、メイクアイテムはどうしても必要なものを厳選し、あとはハンカチやティッシュ、財布など、最低限のものだけをバッグに入れるようにしましょう。

NG5:スタイルが悪く見える丈・サイズ


せっかく可愛い洋服を買っても、丈やサイズが合っていないと残念。

トップスが長すぎると胴長に見えたり、トップスがボリューミーなのにボトムスもフレアスカートなどの広がったデザインだと、おしゃれじゃない上に太って見えたりします。

基本は、トップスかボトムスかどちらかにボリュームを持ってくること。

ボトムスが長い場合はトップスを短くすること。

トップスを少しボトムスに入れて調節するのもアリです。

もちろん、自分にぴったりのサイズを選ぶことも重要。

全体のバランスをよく見てコーディネートしましょう。

NG6:プライドに比例?高すぎヒール


スタイルをよく見せるために、高めのヒールの靴を選ぶこともあるでしょう。

しかし、男性からの評価は今一つ。

「モデル気分でプライドが高そう」、「自分が身長が低いから、高いヒールを履かれると立場がない」などの声が聞かれ、男性は好まないようです。

ぺたんこ靴を履く必要はありません。

7㎝くらいのヒールが美しく見えるといわれているので、それ以上の高さのヒール靴は女子会のときにチョイスしてみてくださいね。

NG7:ブランドものに包まれたファッション

ハイブランドのアイテムばかりが目に付くと、おしゃれというより「金がかかる女」、「わがままそう」というマイナスのイメージを与えてしまう恐れがあります。

バッグや時計など「いかにも高級ブランド!」とわかるデザインのものや、ロゴ入りのものは避けた方がよいでしょう。

NG8:セクシーどころかドン引き!露出の多いコーデ

“モテ=セクシー”と捉えている女性は少なくありません。

色気は必要ですが、“露出が多い=セクシー=色気がある”ではないので要注意!

胸元が開きすぎているものや、座るときに下着が見えそうなスカートを履いている女性には、案外男性はドン引きしているよう。

網タイツなどもNGです。

色気は露出度ではなく、話し方や表情などからにじみ出るものと心得て、露出の多いコーディネートはやめましょう。

ご紹介したNGポイントを押さえておけば、ファッションのせいで彼に嫌われてしまう恐れはありません。

一目で「かわいくないな」、「ダサい」と思われてしまわないよう、8つのNGポイントを忘れないようにしましょう。

美容ライター
継田理恵
ブログInstagramTwitter
理想の家庭と働き方実現のため、勤めていた家庭品・化粧品メーカーを退社。前職で培った正しい肌知識や化粧品市場の情報等をもとに、美容コラム、化粧品メーカーのHPやジャーナル等の原稿、セミナー、化粧品・サプリメントのプロデュースなどを手掛けている。
薬事法管理者/マクロビオティックセラピスト/JNFサプリメントアドバイザー等の資格保有。

 

次のデートではNGファッションを避けて恋愛にまで発展させちゃいましょう!

omiai記事下
マッチ記事下
アプリランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る