重い女は卒業!彼氏の行動に嫉妬しないための4つの方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

もう彼氏の言動に嫉妬したくない!
重い女から卒業したいぃい~!!(泣)

まみこ…あんたまさか、また彼氏に嫉妬心をぶつけすぎてフラれたの?

YES!!
でも嫉妬しちゃうんだもん…!
わたしだって、嫉妬しちゃう性格どうにかしたいと思ってるわよー!

仕方のない子ね…。
恋人ができても嫉妬ばかりして、関係を台無しにしてしまう女性のために重い女は卒業!彼氏の行動に嫉妬しない4つの方法を教えて行くわよ!

嫉妬をしない方が良いのはわかってる、でもどうしても嫉妬してしまう!

そんな気持ちを抱えている女性も少なくないと思います。

実際、嫉妬心を抑える方法が分かれば、今までよりも楽しい恋人関係を築けることは確かです。

嫉妬をしないようにするためには、考え方と行動を変える必要があります。

今回は、嫉妬をしたくないのにしてしまう!という女性のために、重い女は卒業!彼氏の行動に嫉妬しない4つの方法をお伝えしていきます。

嫉妬心は2人の関係を台無しにすると心得る


まずはじめに、嫉妬心は2人の関係を台無しにするものだと心に刻み付けてください。

嫉妬をしない方が良いのはわかっている!という女性でも心のどこかで、この嫉妬心をわかってくれる人がいるはず、嫉妬をすれば、彼が自分の愛情に気づいて嫉妬するような行動を控えてくれるはずと思っているはずです。

まずはこの考えがよくないのだとしっかり心に刻み付けましょう。

嫉妬をするということは相手のことが好きで好きで仕方がない状態ですよね。

あなたは一ミリも彼と別れたいとは思っていないはずです。

ですが、嫉妬心を持ち、彼にぶつけてしまうことで、2人の関係は台無しになります。

嫉妬をするタイプの女性は嫉妬は愛情表現だと思っており、「彼に嫉妬されること」に深い喜びを感じます。

そういったことから、嫉妬=愛情表現という考えが刻み付けられている状態のため、嫉妬心にブレーキがきかず、彼に嫉妬をぶつけてしまうのです。

軽い嫉妬は恋愛のスパイスになり得ますが、彼の行動を制限したり、怒りに任せて彼を責めるような過度な嫉妬心は、彼をうんざりさせてしまい、自分の首を絞めるだけです。

彼に嫉妬してしまう自分を変えるためにも、まずは「嫉妬は愛情表現ではなく、2人の関係を台無しにするものだ」としっかりと心得てください。

確かに、嫉妬はダメだって思いつつも、嫉妬するぐらい愛してるんだから、この気持ちを分かって欲しいって考えがあったわ…。

嫉妬は確かに愛情表現の一つよ。
でもね、嫉妬心に任せっきりの愛情表現を嬉しいと思う男性はいないわ。
 
過度な嫉妬は愛情表現として最悪なんだと、心に刻み付けてちょうだい。

自分磨きで自分に自信をつける


彼氏の行動に嫉妬しないためには、自分磨きをして自分に自信をつけることが大切です。

そもそも嫉妬というのは、自己評価が低く、彼がもっと魅力的な女性に取られてしまうのではないか、という不安からくるものです。

自分に自信がないからこそ、彼のちょっとした行動や、周りの女性の言動が気になってしまい、「他の女性と会わないで欲しい!」「毎日連絡して欲しい!」という気持ちが生まれてしまうのです。

自分に自信があれば「他の女性に負けるわけがない」「彼がわたし以外に目を向けるはずがない」という気持ちから嫉妬心を手放すことができ、冷静になれます。

この場合、自分磨きは「恋愛に関すること」が一番です。

  • 外見を磨く
  • 家庭的な一面を強化する
  • 男心を勉強する

といったことで、恋愛に関して、「他の女性に負けるはずがない」という自信がつき、嫉妬心を抑えることができます。

また、今すぐ自信をつけることは難しくとも一つだけ絶対に心に刻んでおくべきことがあります。

それは「彼が好きで付き合っているのは他の誰でもなく自分なのだ」ということです。

あなたの自己評価がとても低く、自分に自信が持てないとしても、彼はあなたのことを好きだと感じ、あなたと付き合っているのです。

自分に自信をつけるための一歩として、まずは「彼に愛されている自分」を認めてあげましょう!

嫉妬心はね、自分の内側から湧き上がってくるものなの。
だから自分と向き合わないといつまで経っても嫉妬してしまう自分から抜け出せないわよ。

自分に自信をつけれたら、彼の方が手放したくないって気持ちになってくれて、わたしの持っている「好きな人に嫉妬して欲しい」って気持ちも満たされそうね。

恋愛以外に熱中できるものを作る


人生の中で恋愛が一番大切という恋愛依存型の女性ほど、彼の行動が逐一気になってしまい、嫉妬心を増幅させやすいです。

そのため、スポーツでも、仕事でも、趣味でも、恋愛以外で熱中できるものを作ることも、嫉妬をしないためには有効です。

生活の中心に恋愛を置いてしまうと、彼と会えない時につい、「彼はどうしているんだろう」「飲み会で新しい女性に会っているのではないか」といった不安な気持ちを持ってしまったり、ネガティブな妄想をしてしまいやすくなります。

また、自分が恋愛や恋人のことを一番に考えているため、恋愛を一番としていない彼の「一人の時間が欲しい」「友達付き合いも大切」といった気持ちが理解できなくなってしまっているのです。

これは、自分が恋愛以外に熱中できるものを作ることでかなり改善されます。

恋愛以外に熱中できるものさえあれば、忙しくてネガティブな妄想をすることも少なくなりますし、自分のやりたいことをやる時間も大切だという気持ちも理解できるようになるからです。

恋愛至上主義な女性は、いつでも彼といたい、彼にとっての最優先人物でいたい、と思ってしまいがちですが、恋愛は一定の距離感があった方が相手を恋しく思いやすく、ラブラブな関係が続きやすくなります。

2人の恋愛を上手くいかせるためにも、恋愛以外に熱中できるものも探しましょう。

まずはちょっとでも気になっていることをはじめてみるようにするといいわよ。
やってみたら、はまってしまった!なんていうのはいくらでもあるからね。

恋愛以外にやりたいことがない!って場合は、自分磨きの一環としてオシャレに気を遣ったり、肌の手入れを徹底したり、恋愛に関係することで夢中になれることを探すと良さそうね。

彼の行動を監視しない


彼の行動に嫉妬してしまわないようにするには、彼の行動を監視しないことです。

そもそも嫉妬のほとんどは、彼の行動を知るから嫉妬してしまうのです。

彼が、仕事仲間と飲んでいることを知るから嫉妬してしまいますし、彼が他の女性と話しているのを知ってしまうから嫉妬するのです。

嫉妬しがちな女性は、彼の行動が気になるからといって、

  • 彼にどこにいるのか、どこに行くのかを聞いてしまう
  • SNSで彼と絡んでいる人を探してしまう

ということをしがちですが、嫉妬心から解放されたいのであれば、これらの行動をすべて辞めることです。

彼がどこで何をしていようと関係ないぐらいの気持ちで彼の行動を監視しないようにするのです。

はじめのうちは、不安でいっぱいでしょうが、徐々に彼の行動を監視していない状態に慣れてきます。

同時に自分が熱中できることをしていれば、彼に嫉妬をぶつけることも、ネガティブな妄想をしてしまうことも少なくなるでしょう。

また、監視したり嫉妬したりしなくとも、彼がきちんと自分のもとに帰ってきてくれることに安心し、嫉妬がいかに無駄な愛情表現だったのかを知ることができます。

嫉妬をしないためには、嫉妬してしまう理由を潰すことも大切なのです。

嫉妬してしまう理由をなくすためにも、彼の行動を監視することはやめましょう。

彼の行動を監視したからといって、彼を自分の思い通りに操れるようになるわけじゃないわ。
 
彼氏は監視されている状況に嫌気がさすでしょうし、あなたは、嫉妬心を増幅させて嫌な気持ちになるだけで、何一つとして良いことなんてないわよ。

最初は不安だけど、我慢すればそのうち監視をしていない状況に慣れるわよね…。
 
彼の行動を監視することは、彼からしても「信頼されていない」って感じるでしょうし、やっぱり改めなきゃいけないわよね…。

【まとめ】嫉妬心を手放せば楽になれる!

彼のことが大好きだから、嫉妬してしまうというのはとてもよくわかります。

しかし、過度な嫉妬心はお互いの関係を悪くするだけで、あなたが望んでいるような2人の愛情が深まるような感情ではありません。

むしろ、嫉妬心を手放すことで、お互いにのびのびと恋愛ができるようになり、良い関係を築きやすくなります。

嫉妬心が強く、恋愛を台無しにしてきてしまった自覚がある、という女性はぜひ紹介した方法を試し、嫉妬心から解放された心地の良い恋人関係を作っていってくださいね!

どんなに嫉妬深い女性でも、変わろうと思えば変われるわ。
良い恋愛のためにも、はやめに行動を起こすようにね!
 
あなたが幸せな恋愛ができるよう、応援しているわよ!
with記事下
マッチ記事下
アプリランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る