自衛隊男子と結婚する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
自衛隊のドラマ見てから、自衛隊男子にめっちゃ惹かれててさー。
 
仕事に真面目でたくましくて、しかも公務員だから安定収入じゃん。
まさに結婚したい相手だよねー

相変わらずあんた、影響されやすいわね。
でもアタシ、あんたの幸せを本当に心から願ってるのよ。
 
だから今日は自衛隊の彼と結婚する方法2つを伝授してあげるわ。
あーアタシって心優しい!

 
「結婚相手じゃなくて、まずは自衛隊の彼氏が欲しい!」という方は「自衛隊の彼氏欲しい」の記事をチェックしてくださいね。

自衛隊主催の婚活パーティーがおすすめ

自衛隊が主催している婚活パーティーで有名なものが2つあります。

  1. 自衛隊の上官たちが任意で運営している「曹友会」主催の「ふれあいパーティー」
  2. 海上自衛隊の横須賀地方隊が主催する「トーキングフェスティバル」

です。

どちらも、カップル成立率が高く上官の推薦を受けた真面目な自衛隊男子のみが参加しているので、とても人気があるパーティーです。

そのためパーティー参加の倍率は非常に高く、参加者もコミュニケーション能力に自信のある肉食系女子が多いです。

そんな自衛隊主催の婚活パーティーで将来の旦那様を見つけるメリットをご紹介します。

自衛隊主催の婚活パーティーのメリット

直接会って話せる

実際に会うことで、写真だけではわからない彼の雰囲気を知ることができます。

ドリンクを取ってきてくれる、さりげなくエスコートしてくれる、会話の中でふと笑った顔が素敵…

このような「メールだけではわからない彼の良いところが見られて、それが付き合うきっかけになった。
結果ゴールインした!」という参加者の声もあります。

安心感がある

自衛隊が主催しているので、業者やサクラがいない安心感があります。

また、参加する男性は、上官の推薦を受けた人たちです。
身元がしっかりしていて仕事ができる、もちろん彼女や奥さんのいない独身者です。

真面目に結婚相手を探している人たちなので、安心して婚活に挑めます。

成立率が高い

毎回カップル成立率が高いのが特徴です。参加者の約半分の人たちがカップルになった実績もあります。

自衛隊主催の婚活パーティー開催の確認方法

防衛省・自衛隊サイトの右上にある検索バーに「ふれあいパーティー」または「トーキングフェスティバル」と打ち込んで検索しましょう。

カップル成立率も高い自衛隊主催の婚活パーティーは自衛隊の旦那様を見つけるチャンスですが、デメリットもあります。

自衛隊公認の婚活パーティーのデメリット

参加できる機会がとても少ない

どのパーティーも、女性は5~10倍の倍率を勝ち抜かないと参加できません。

倍率が高い上に年に数回の開催なので、これらのパーティーに参加できる可能性は極めて低いです。

コミュニケーション能力が必要

女性に免疫のない男性が多く参加しています。
女性から話しかける、話題を振るなど積極的に動かないとコミュニケーションが取りづらいのです。

「自分から話しかけるのは苦手」「初めて会った人と会話が持つが不安」なんて人にはあまりおすすめできません。

また、パーティーには友達と参加することができません。ペアで参加抽選に応募できないからです。

ひとりで婚活パーティーに赴き、男性と積極的にコミュニケーションが取れる女性に向いている手段と言えます。

参加人数が多くて顔を覚えられない

毎回、参加人数が多いため「男性の顔を覚えられない!」「ひとりずつと密なコミュニケーションをとれなくて人となりがわからなかった」という声があります。

自衛隊専門の婚活サイトもある!

なるほど…でも私、パーティーで自衛隊男子といきなり交流できる自信がない…
なにあんた、しおらしくなってんのよ…らしくないわね。
 
まあ、ある程度肉食系の女じゃないと、パーティーで意中の相手を捕まえるなんてことできないのも事実よね。
 
じゃあ、まずはメールとか気軽な連絡手段を使って仲良くなる方法を取りましょ。
 
自衛隊の男性を確実に見つけられる婚活サイト「自衛隊プレミアムブライダル」を使うのよ!

「自衛隊プレミアムブライダル」のメリット

自衛隊プレミアムブライダルは自衛隊専門の婚活サイトです。

基地司令直属の元自衛官(准曹士先任)がプロデュースしているので、安心感があります。
では、自衛隊プレミアムクラブのメリットをまとめてみましょう。

自衛隊男性のみ登録している

その名の通り、自衛隊に勤めている男性のみが登録しています。しかも30代以降の、真剣に婚活している自衛隊男性ばかりです。

毎月、男性を5名紹介してくれるシステム

毎月自動で自衛隊員5名を、スマホで紹介してくれるシステムがあります。

気に入った男性がいたらアプローチ。男性がOKすればお見合いを実施、という仕組みになっています。しかもお見合いの場所や日時はスタッフが仲介して準備してくれるのです!

「忙しくて婚活に時間が割けない」という女性にも便利なサービスです。

「自衛隊プレミアムブライダル」のデメリット

男性会員が有利

多くの婚活サイトは、男性よりも女性の利用料金が安く、登録すればある程度は男性からアプローチされます。

しかし、自衛隊プレミアムブライダルは、男性会員が有利です。
女性は月額費が発生しますが、男性は無料。
女性の登録には写真審査があります。

登録したら女性からアプローチしないとなかなかマッチングしないのが実情です。

もちろん、そんな条件の中でもお互い惹かれ合い円満に結婚したカップルは何組もいます!

自衛隊プレミアムブライダルを使うなら、ある程度期間を決めて登録するのがいいかもしれませんね。

紹介される男性人数が決まっている

前述しましたが、自衛隊プレミアムブライダルは毎月自動で自衛隊員5名を、スマホで紹介してくれるシステムです。

確実に自衛隊男性5名と出会える、と言えますが、逆に「毎月たった5人としかマッチングできない」ということなのです。

じっくり気長に婚活している人はいいですが、短期間で結婚相手を見つけたいと考えている女性にとってはちょっと不満かもしれません。

自衛隊員と結婚するなら自衛隊プレミアムブライダル

 

自衛隊男性だけが集まる婚活パーティー

自衛隊男性と出会いたい女性は、普通の婚活パーティーに参加してはお金と時間を無駄にしてしまうだけです。

最近の婚活パーティーでは、
「自衛隊員男性×自衛隊員と結婚したい女性」
だけを集めた企画型の婚活パーティーが頻繁に開催されているので、こういった自衛隊員だけが集まる企画型の婚活パーティーに参加するようにしましょう!

自衛隊が参加する婚活パーティー
(画像:エクシオより)

自衛隊員が参加する企画型婚活パーティーは、

あたりをチェックするとすぐに見つかりますよ!

また、企画型で婚活パーティーを選ぶなら下記のページもご覧ください。

婚活パーティーは成果出ない?成功率を高めるコツは「企画で選ぶ」です!

 

自衛隊男性が簡単に見つかる「ブライダルネット」

自衛隊プレミアムブライダル、いいなって思ったけど成果が出るまでちょっと時間がかかりそうね…
ええそうなの。
短期間で婚活成功させたい!って思うなら、ブライダルネットを使うことをおすすめするわ。

ブライダルネットのメリット

多くの自衛隊男性と出会える

婚活サイト「ブライダルネット」は、「自衛隊プレミアムブライダル」のように、毎月5人としかマッチングできないということはありません。

有料会員になれば男性を何人でも検索でき、何回でもメッセージ交換できます

さらに女性は、特に登録したては男性からアプローチされやすいでしょう。

自衛隊男性を探しやすい

他の婚活サイトよりも自衛隊男性が探しやすい仕組みになっています。

男性検索の職業欄で「自衛官」を選択できます。

私が探した時点で21~36歳の男性自衛官が688人もいたわ!

 

一気に700人近い、結婚相手を探している自衛隊男性と出会えるのです。

職業だけでなく、体型や居住地も絞って検索できるので、好みの自衛隊男性とマッチングしやすいでしょう。

良心的な料金体系

ブライダルネットは無料でも会員検索ができますが、プロフィールを写真がボカされていたり連絡先が交換できないなど制限があります。

有料会員(プラチナメンバー)になると、すべての機能が使える上に他の婚活サイトと違ってどれだけメッセージ交換しても定額です。

有料会員料金は男女とも同額の月3,240円(税込)で、追加料金は一切かかりません

定額料金を払えば多くの自衛隊男性と出会える!と考えると、とってもお得ですよね。

ブライダルネットで今すぐ自衛隊男性と出会う!

自衛隊の旦那と出会うイメージが掴めた?
うん!自衛隊男性と出会える場所って案外多いのね。

自衛隊員がいる場所と、そんな彼と出会う方法を知ることができれば、あとは行動するのみよ。
 
自分に合った方法で、自衛隊男子との出会いをゲットしてね。
 
もちろん、出会いの場に赴く前に自衛隊の仕事の大変さについてリサーチしておいたほうがいいわ。
 
命がけで働いて、勤務時間も不定期だし、震災とかいざという時は現場にかけつけるからあんたの側にはいられない…それでも良い、サポートしたいって思えるなら婚活頑張りなさい。

「自衛隊の、結婚相手じゃなくて彼氏と出会いたい!」という方はコチラの記事をチェックしましょう!

with記事下
マッチ記事下
アプリランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る