彼女欲しいオーラ出すぎ?ぼっち男子の状況別対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ジュディ姐さん!
 
そういえば僕、気づいたことがあって。
よくよく考えたら、自分友達少ないなって…
ちょっと、急に何よ!
突然センチメンタル!

某有名アイドルグループが歌ってそうだね、「突然センチメンタル」
 
いやね、この通り友だちが少ない”ぼっち”な僕に、果たしてこの先本当に彼女ができるのかと、だんだん心配になってきて…
 
考えれば考えるほど、自分のコンプレックスが浮き彫りになってきて…

ちょっと、めちゃくちゃ切実じゃない…!
大丈夫よ!
ぼっちだろうがなんだろうが、要は自分の気の持ちようで全てが変わるわ!
 
ネガティブな思考にポジティブな思考を上塗りするのは決して簡単なことじゃないけど、簡単じゃないからこその成長よ!
 
アタシがアンタのネガティブを全て喰らい尽くしてやるわ!
ひっ…!!

「ぼっち男子」だと出会いの機会も限られますよね。

それにボッチの男子は、
「人付き合いが苦手…コミュ障…友達が少ない…卑屈…」
というようなコンプレックスを抱えている人も多いです。

「それでもどうしても彼女が欲しい!
でも自分のコンプレックスが邪魔して一歩を踏み出せない…」

人それぞれの悩みがあるかと思います。
しかし、ただ悩んでるだけでは何も変わりません。

今の自分を受け入れた上で、一歩前に進んでいきましょう!

まず『リア充』を目指す必要は無い

“友達がたくさんいる=リア充”
“恋人がいる=リア充”

まずこの前提から勘違いしている方が多いように思えます。

n811_udewokumudansei-thumb-autox1600-14652

リア充…つまりはリアル(現実)が充実している人を指す言葉ですが、主に恋人がいたり、友達が多い人に使われることが多いです。

ですが、恋人がいて友達が多いからと言って悩みが無いわけではなく、人生が充実しているわけではありません。

逆に、ボッチで恋人がいないからと言って、リア充ではないとも限りません。

そもそもこの「リア充」という言葉自体が、インターネット上で発祥したまだ歴史の浅い言葉であり、定義そのものが人によって変わるので、あまり意識しなくても良いのです。

この漠然とした言葉に、必要以上にプレッシャーを感じる必要はありません!

ぼっちでも彼女は作れます!

あなたの両親は結婚してるけど、「リア充」でうらやましいと思う?
 
「リア充爆発しろ」なんて微塵も面白くないこと言ってないで、もうちょっと別方向のユーモアを磨きなさい。

悩み(=コンプレックス)はあって当たり前

あなたの嫌いなあの人も、いつも笑顔のあの人も、人それぞれ、大なり小なりの悩みは抱えています。

“コンプレックスがある”ということは決して恥ずべきことではありません。
ただし、そのコンプレックスにずっととらわれていては、先に進めないこともまた事実。

コンプレックスを克服した新しい自分に出会うための方法を、状況別に指南します!

この記事が、あなたの悩み解消のきっかけになれば幸いです。

外見に自信がないあなたへ

一見整った顔立ちだけど、本人しか知り得ない密かな外見のコンプレックスを抱えている…という方も少なくありません。

顔の良し悪しに関係なく、自分の顔に絶対的な自信を持っている人というのは、実はそう多くはいません。

ok76_marukaburi20141221135231_tp_v-1

また顔立ちではなく、たとえばニキビやほくろが気になるという方もおられると思います。

あくまでそれらが、必要以上に自分の自信を阻害する要因にならなければ問題はないのですが、やはり気になりますよね。

「ニキビやほくろなんか気にならないよ!と言ってくれる相手を見つけましょう!」

この一言で済ますのは簡単ですが、ここでわかっておきたいのは、あなた自身が悩みに対してどう向き合うのかが大事だということです。

「好きなんでしょ?なら僕のすべてを受け止めてね」
なんの努力もせず、互いの恋愛感情の上にあぐらをかくというのは褒められたことではありません。

相手の好意に甘えるのではなく、あなた自身でコンプレックスをカバーする方法を模索してください。

顔立ち

顔立ちに関しては、変えようと思って変えられる部分ではありません。

しかし、考え方を変えたり経験を積むことによって、自分に自信を持てるようになり、顔つきが変わることもあります。

考え方を変える

ルックスに自信が無いのであれば、自分の中での「顔ありき」という考え方を捨ててください。

顔が良かろうが悪かろうが、いちばん大切なのは相手と自然なコミュニケーションを取ること。

女性と接して純粋に会話を楽しむことにより、女性に対する過度なプレッシャーを無くしてしまいましょう。

肉体を鍛える

肉体改造をした結果、身体と一緒に顔も引き締まります。

肉体的な変化もさることながら、努力を経たことによって自信がつき、その自信が顔立ちにも現れるのです。

笑顔を増やす

たとえイケメンであったとしても、常にふてくされていたら…喋りかけづらいですよね。
日常の中で常に笑顔を心がければ、自然と人は寄ってきます。

最初は少々堅いかもしれませんが、慣れてくると、意識せずともふとした場面で自然と笑顔ができるようになります。

自然と笑顔ができる人は、男女関係なくモテます。

笑顔が余裕につながり、それが自信となるのです。

いずれも大事なのは、「自信をつける」ということ。
自信は顔に現れます。

確かにイケメンばっかり意識して、無意識に自分と比べてしまって余計に自信を無くしてたよ…
そもそも他人と比べること自体がナンセンスよ。
 
アンタにしか無いアンタの味ってもんがあるんだから、無駄なとこで張り合ってないで、自分の伸ばせる部分を見なさい。
 
あとアンタの顔、アタシは結構可愛いと思うわよ?
ひっ…!!

ニキビ/ほくろ

体質的にニキビができやすい人、ほくろが多い人、または気になるレベルの大きいほくろで悩んでいる方も少なくないでしょう。

これらにとらわれすぎるのも良くないのですが、あまりに気になるのであれば、医療機関や整形外科に相談してみましょう。

下手な対処をしてニキビ跡が残っちゃうなんてこともあるわよ。
 
どうしても治らないのであれば、無理に自分だけで解決しようなんて思わないで、医療機関で適切な処置を受けてね。

友達が少ないこと(ボッチ)が気になるあなたへ

筆者の個人的な考えですが、「友達が欲しい!」と思わない限りは、友達が少なくとも特段悩むことでは無いと思います。

というのも、筆者自身が友達は多い方ではないのですが、基本的には一人でいることが好きなので、現在のところ友達が少ない弊害を感じたことが無いというのもあります。

つまりは、自身がそれによって不自由しないのであれば、無理に友達を作る必要もありませんし友達が少ないことをコンプレックスに思う必要もありません。

pak93_heyadehitoribocchi20140322_tp_v

もちろん友達が多いほうが新たな出会いの確率は増えますが、出会い方は人それぞれあるので、そこで焦る必要はありません。

説明と画像が合ってないわよ。
 
無理に作った”トモダチ”と薄い関係を築いても、空虚なだけじゃない?
 
少なくても良いから、心から信頼し合える”友達”が数人いればじゅうぶんよ。

関係性によって「トモダチ」「友達」と言葉を使い分けてるの、初めて見たよ。

人付き合いが苦手なあなたへ

人付き合いを苦手とする方は、「他人とコミュニケーションがうまく取れない」という方と、「コミュニケーションを取ること自体は特に問題ないけど、ただ面倒くさい」という方のどちらかに該当するのではないでしょうか。

後者のタイプの方であれば問題ありません。作ろうと思えばすぐにでも彼女ができることでしょう。

というか後者のタイプの方であれば、そもそもこのページ自体見ていないかもしれません。

なので、今回は前者のタイプの方に向けてアドバイスさせてもらいます。

前者の「他人とコミュニケーションがうまく取れない」という方は、いわゆる「コミュ障」と言われる方です。

コミュ障とはコミュニケーション障害という言葉の略です。

端的に言うと、人付き合いや会話が得意でなかったり、極度の人見知りの方がこれに該当します。

人間関係を築く上では致命的とも言えるので、彼女を作りたいのであれば、この「コミュ障」を卒業する必要があります。

他人と自然なコミュニケーションを取るために、コミュ障から脱するにはどのようにしたら良いのでしょうか。

必要なのは「慣れ」不必要なのは「恥」

コミュ障の方が彼女を作るために必要なのは、「慣れ」です。
“人と接する”ということに慣れてください。

反対に、不必要なのは「恥」です。

「かっこ悪く思われたくない」「なんだか恥ずかしい」
これはあなたに限らず、誰しもが思っていることです。

そんなこと気にする必要はありません。
考えれば考えるほど自分を追い込んでしまうので、損です。

たかが人と喋るだけでいちいち恥ずかしいだなんて気にする必要はありません。

会話というのは、あなたが思うよりももっとフランクなものです。

余計な考えを排除して、もっと気軽に会話を楽しめたら、もうあなたは「コミュ障」なんかじゃありません!

「今までできなかったことが明日から急にできるわけがない!」
もっともです。

まずは小さなことから始めましょう!

身なりを整える

と言っても、いきなりモテを意識して、オシャレする必要はありません。
ここで大事なのは「清潔感」です。

例えば、

  • 髪がボサボサであれば、髪の毛をスッキリさせる
  • 髭がボーボーであれば、思い切って剃ってみる
  • 服装はユニクロで良いので、小綺麗な格好を意識する

などなど。

「オシャレになろう」と言われると難しいですが、「清潔感を意識しよう」なら簡単にできると思います!

tsuru_kirakira_tp_v

忘れがちなのが「爪」!
爪が汚い・長いというのは、印象が悪いです。

必要以上にケアする必要は無いので、汚ければしっかり洗って、適切な長さに切りましょう。

「清潔感」というのは重要なキーワードよ。
おしゃれでなくていいから、この清潔感を意識するようにして!
 
あと髪型もちょっとこだわるだけで、印象はかなり変わるわよ。
その顔を生かすのも殺すのも、髪型次第だからね。

くだらないプライドや偏見、劣等感は捨てる

前述の【必要なのは「慣れ」不必要なのは「恥」】の「恥」に通ずることでもあります。

これほど不要なものはありません。
自身の価値を落とすどころか、行動力を制限してしまい視野が狭くなってしまう要因でもあります。

人としての最低限のプライドは持っておきたいところですが、くだらないプライドというのは、得てして一銭の価値にもならない、むしろマイナス要因にしか成り得ないものばかりです。

偏見があなたの視野を狭くし、せっかくの可能性を潰してしまいます。

劣等感があなたの自信を奪い去ります。

あなたの価値を決めるのは、あなた自身ではなく、あなたを見た他人であるということを理解しておきましょう。

あなたの生きている世界は、あなたが思うよりも遥かに大きく、想像しえないようなことばかりで溢れているのです。

たかだか一個人のプライドや偏見で自分の世界を制限しないでください。

と、なんだかテーマが壮大になってしまいましたが、インターネットの世界を見ただけですべてを知った気にならず、無駄なプライドや偏見、劣等感は捨て去ってしまい、あらゆるものや可能性を許容できる心を持ちましょう。

これが人間関係を築く上でも大きく関わってきます。

こういうプライドや偏見が見え隠れする人は、まぁモテないわね。
 
モテないどころか周囲から疎まれることも珍しくないから、気をつけてね。
たまに嫌味な人とかいるけど、そういう人とはもう会いたいって思わないなぁ。
 
相手に不快感を与えていないかどうかに気をつけないとね。

小さなやり取りを意識する

学校や職場で人の親切に触れた時…
コンビニでレジを打ってもらった時…

1日の中で「ありがとう」と言える機会は意外にあるものです。

「ありがとう」に限りませんが、このような小さなやり取りを大事にしましょう。

ここで大事なのは、ボソボソと言うのではなく、相手に伝える気持ちで、自然に一言いえること。

不安であれば、とっさに声が出せるよう家で練習してみましょう。

当たり前に伝えるべきことを、当たり前に伝えることが大事です。

「良いことをされたら感謝する」なんて当たり前のことなんだけど、残念なことにこの「当たり前が当たり前にできない人」が案外多いのよね。

普段なんにも考えていないってことが見て取れるよね。

えらい辛辣ね。
 
あとは、絶対に店員さんに「ありがとう」を言わなきゃならないことはないんだけど、そういう「プラスの一言」が当たり前に言えるようになったら素敵ね。

会話を避けない

もし会話する機会に遭遇したら、積極的に会話に臨みましょう。

oy1151013231048_tp_v

もちろん最初は難しいかと思います。

何を喋ればよいのかわからない…沈黙が怖い…変なこと喋ってしまわないだろうか…

不安を感じるのはもっともですが、今までもその不安が、あなたの一歩を邪魔していたのでは無いでしょうか。

多少なりとも、話題の引き出しや鉄板ネタは用意するに越したことはありませんが、あまり深く考えすぎないでください。

すべての会話に意味を見出す必要はありません。
雑談というのは、あくまでその場しのぎの中身のない会話がほとんどです。

日頃思っていることや疑問、いま目に入ったことでもなんでも構いません。
周りのすべてのことが話題になり得るのです。

肩の力を抜いて、軽い感じで会話に参加してみましょう。

ここまできたら、あとは女性との会話に慣れるだけ!
と言っても、男性との会話とほぼ変わりません。

女性だからといって、無駄に何かを意識して緊張してしまうことは全くありません。

ただ気をつけるべきなのは「下ネタ」
男性とばかり会話している方だと、ついいつものノリで下ネタを言っちゃいそうになることもあるかもしれません。

でもそこはグッと堪えてください。
いきなりの下ネタは印象がよろしくありません。

また「体重」など、女性にとってデリカシーの無い話題も避けたほうがいいでしょう。

このデリカシーの無い話題っていうのは、人によって基準がずれるから、一概に判断することができない難しい部分なんだけど、そんなに深く考える必要はないわ。

深く考えすぎたらまた喋れなくなっちゃうもんね。
でもやっぱり不安だなぁ…

大丈夫よ!
空気を読んで、無神経なことを言わないってことを意識して。
 
女性と会話を重ねるうちに、なんとなくわかってくるものよ。
 
ちょっと面倒くさいけどね、これも経験よ。

女性と出会う機会を増やす

「なんとなく言いたいことはわかったけど、女性との会話以前に、女性と出会う機会がない…」

そもそも女性と出会えなければ、会話はできませんよね。

会話に慣れるだけであれば、ガールズバーやキャバクラといった、女性と会話することを目的としたお店もありますが、そういった場にお金を使うことに抵抗のある方もおられると思います。

ではどうするか…

たとえば友達に頼んで合コンを主催してもらったり、女の子を紹介してもらったりと、「人に頼る」という選択肢もあります。

「女の子を紹介してくれる友達なんていない!」
「そもそも友達がいない!ぼっちをなめるな!」

なるほど…問題ありません。

それらが不可能な場合、最近ではマッチングサービスというものがあります。
ぼっちなあなたでも安心です。

マッチングアプリ

ネット全盛の時代を迎えている今、ネットで出会うということは、なんら恥ずべきことではありません。

今や立派な手段なのです。

数多あるマッチングアプリの中で特におすすめのサービスはこちらです。

(1)ペアーズwith(20代におすすめ!)

(2)マッチドットコム(30代以上におすすめ!)

どちらも利用者数が多い大規模サービスです。

さらに徹底したユーザー管理の元、サクラや業者撲滅を掲げているので、安心安全に、また健全に利用できるのが魅力です。

さらに詳しくは、
安心して出会える!恋活マッチングアプリおすすめランキング
をチェックしてください!

指先一本で、とても手軽に彼女探しができて、デートまでできちゃうんだから、これを使わない手はないと思うわ。

まとめ

この記事で紹介した全てに通ずることですが、何度も言っているとおり、いちばん大事なのは「自信」を持つこと。

振られて傷ついたっていいんです。傷つくのを恐れていたら何もできません。

あのイケメンもあの美女も、誰しもが傷つきながら生きているのです。

そして何より、“焦らない”こと。
人間関係においても恋愛関係においても、焦ってしまうとボロが出てしまいます。

何事も余裕を持って臨みましょう!

まずは自分の考えの根本から替えていかないと駄目だね!
 
こういう場面においてのネガティブは何も良いことを生まないってことがわかったよ。
昨日まで信じてきた常識を、すぐに変えることなんて容易ではないわ。
 
でもそんなのは承知の上でアドバイスさせてもらったの。
 
容易じゃないと言って諦めてきた結果が今よ。
 
まずはそれを受け止めて、ゆっくりでも良いから自分の意識を変えることができたら、今までのアンタを笑って語れる日が絶対にやって来るわ!
with記事下
マッチ記事下
アプリランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る