張り切りすぎで怖い…デートメイクでやりがちな失敗例と改善策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

デートのときは誰だっていつもより張り切りたいもの。

洋服選びも慎重に、メイクもバッチリ決めて、最高のコンディションで臨みたいですよね。

でも、ちょっと待って。

張り切りすぎると、かえって“おブス”に見えてしまうことも……。

思い浮かべてほしいのが、テレビに出ている農家のおばちゃん。

「テレビ取材が来る!」
気合いを入れすぎて、顔面真っ白、真っ赤な口紅が不自然なおばちゃんを見たことがある方は多いでしょう。

「あ~いるいる」と他人事のように思うかもしれませんが、実は若い方でも同じような失敗をしている方は少なくありません!

そんなメイクでは、男性もギョッとしてしまいます。

そこで今回は、張り切りすぎてやりがちなデートメイクの失敗例をまとめてご紹介!

合わせて改善策もしっかり押さえていきましょう。

NG1:アイメイクとリップのバランスが悪い

パッチリ大きな目になりたくて、アイメイクに力を入れる方は多いはず。

しっかりアイラインを引いて、アイシャドウで目元に深みを出して、まつ毛エクステやマスカラで目力を出して……。

でも、デートだからといってリップにも力を注いでしまうと、トゥーマッチになりやすいので要注意!


トレンドの赤リップなどの強めのリップを施したいときに、アイメイクをバッチリしてしまうと、「化粧が濃い」、「顔が怖い」と思われてしまう恐れがあります。

また、メイクに自信がない方がいきなりパキッとした色に挑戦すると、肌色に合っていなかったり、洋服とのコーディネートがイマイチになったり、さらなる失敗を招きやすいです。

アイメイクに重点を置きたいなら、リップは控えめなベージュや淡いピンクなどのヌーディーカラーがGOOD

逆にリップに重点をおくときは、アイメイクを抑えめにすることが大切です。

NG2:派手色に男性がおののく

先に赤リップとのアイメイクのバランスに触れましたが、そもそも赤リップは男性ウケが今ひとつ

リップだけでなく、アイメイクも派手色には注意が必要です。

メイクを張り切ろうと思うと、

  • ブルーやパープルに挑戦したり
  • カーキやグレーなど目元に深みを出すカラーでデカ目を狙ったり

する方がいます。

でもモードなメイクは男性ウケしにくいので、女子会のときに楽しむようにしましょう。

NG3:まるでゆるキャラ!? 濃すぎるチーク

日本人はとくにチークが濃いと言われているのをご存知ですか?

デートする相手が外国人じゃなくても、チークはほんのり血色を出す程度に留めておくのが鉄則。

しっかり色を出しすぎると、某ゆるキャラのようになってしまい、下手をすればまるでコントのメイクのように思われてしまうかも……。

自分で「濃いかな?」と思ったら、かなり濃い証拠。

「ちょっと薄いかな?」くらいがちょうどよいと心得ておきましょう。

チークを程よくつけるには、パウダーの場合はしっかりブラシになじませ、余分な粉を落としてから肌にのせること。

そのあと、粉がついてない状態のブラシで、輪郭をぼかすようにするのがポイント。

クリームチークの場合は、指にとって手の甲で伸ばしてから頬にのせ、チークを取った指ではない指を使って輪郭をぼかしていきましょう。

NG4:ファンデの均一塗りでのっぺりオカメ顔

ファンデーションを、顔全体にまんべんなく広げていませんか?

それでは、のっぺりした仮面を被ったような顔になりやすく、化粧が濃いオバサンのように見えてしまうかも……。

アイシャドウでグラデーションが重要なように、ベースメイクも均一塗りではなくメリハリをつけることが大切。


顔の中心部分にはファンデーションをしっかり付け、顔の外側にいくほど薄付きになるようにしましょう。

とくにフェイスラインはパフやブラシに残った量で仕上げるようにし、ファンデを付け足さないように気をつけて。

鼻やおでこなど、テカリやすい部分も薄付きにした方が美しい仕上がりが続きます。

気になるシミなどのスポットはコンシーラーで隠すのがGOOD。

ファンデで隠そうとすると厚塗りになりがちなので避けましょう。

NG5:シワ隠しのはずが…逆にくっきり!

シワが気になる部分にファンデーションをしっかり塗る方がいますが、これはかえって逆効果。

シワが目立つ部分は、目もとや口元などよく動く部分。

そこにファンデを厚く塗れば塗るほど、表情を作るうちにファンデがよれてシワが目立ってしまいます。


シワをカバーしたいなら、光を味方につけて。

シワが気になる部分にハイライトを軽くのせて、光の反射で目立たなくさせましょう。

パウダータイプなら手軽に使えて、クリームタイプならツヤ感をプラスすることができます。

目元や口元の乾燥が気になる方は、クリームタイプがベターです。

デート前はついつい意気込んでしまいがち。

でも、とくに今はメイクも軽めの仕上がりがトレンド。

張り切りすぎて力が入りすぎると、どこか古い印象の女性、実年齢よりも上に見えてしまうかもしれません。

ご紹介したNGポイントをしっかり押さえて、少し力を抜いてメイクをしてくださいね。

美容ライター
継田理恵
ブログInstagramTwitter
理想の家庭と働き方実現のため、勤めていた家庭品・化粧品メーカーを退社。前職で培った正しい肌知識や化粧品市場の情報等をもとに、美容コラム、化粧品メーカーのHPやジャーナル等の原稿、セミナー、化粧品・サプリメントのプロデュースなどを手掛けている。
薬事法管理者/マクロビオティックセラピスト/JNFサプリメントアドバイザー等の資格保有。

 

今回のデートメイクをはやく本番でやってみたい!という方は、

で出会いを見つけにいきましょう!

with記事下
マッチ記事下
アプリランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
出会えるマッチングアプリ
女性は基本無料です♪