こんな彼女は冷められる!知っておきたい男が冷める5つのポイント!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

彼氏にフラれたわ…。
 
理由を聞いたら「理由とかないよ。もうまみこには冷めた」ですって…。
 
なんで…?いつも通りのちょっとしたケンカしただけじゃない…。

男の冷めるポイントって女性には理解しづらいのよね…。
 
男は女と違って徐々に冷めていくことが多いの。
 
きっと、小さなケンカや彼を冷めさせる言動の積み重ねの結果だと思うわ。

徐々に冷めるって何よ…。
何が悪かったのか全然わかんないわよ!

落ち着きなさい、まみこ。
きちんと男が彼女に冷めていくポイントを教えてあげるわ。

いつも通りのケンカだと思っていたら、急に彼から「もう冷めた」と言われ、破局してしまったという女性がとても多いです。

女性が、相手に冷める時は基本的に一瞬です。彼を嫌いになる瞬間のトリガーがあります。

しかし、男性の場合は女性とは違い、徐々に愛情が冷めて行くことが多いです。

少しずつ、しかし着実に彼女への嫌な気持ちを蓄積させ、ある一定の許容量を超えた瞬間に、「彼女とは無理だ」と判断を下します。

そのため、彼女にしてみれば「いつも通りの些細なケンカ」がきっかけで、別れてしまったというように感じるのです。

大好きな彼に冷められてしまわないためには、「男が冷めるポイント」を知り、上手に回避していくことが大切です。

今回は、こんな彼女は冷められる!知っておきたい男が冷める5つのポイント!をお伝えしていきます。

男のプライドを傷つける


男のプライドを傷つける女性に対して、男は徐々に冷めていきます。

男のプライドを傷つける言動とは

  • 男性を叱る
  • 求められていないのに仕事に対してアドバイスをする
  • 他の男と比較をする

といったことが挙げられます。

男性は、彼女にはいつでも、尊敬されていたいと思っています。

しかし、付き合いが長くなるに連れ、女性は付き合い始めの時のような恋愛に溺れた感覚ではなくなってしまうため、彼氏に対して「すごい」「尊敬する」というような気持ちが薄れます。

むしろ、彼に対して「○○ができていない」「もっとこうすればいいのに」といった不満を持ち始めます。

その不満を解消するため、良かれと思って男性に注意をしたり、アドバイスをしたりしてしまいます。

その結果、男性は「男として認められていない」「彼女といると自尊心が保てない」と感じ、男のプライドを傷つける彼女に対して愛情が徐々に冷めていってしまいます。

「他の男性との比較」には特に注意

また、男のプライドを傷つける行為として特に注意したいのが、「他の男性との比較」です。

男はいつでもNo1になりたいのです。

世界No1になれなくとも、彼女の中ではNo1の男でいたいのです。それが男のプライドです。

にもかかわらず、他の男性と比較し、

「元カレはもっと優しかった」
「○○ちゃんの彼氏は▲▲に連れていってくれたみたいよ、羨ましい」

なんて発言を彼女からされてしまった日には、彼の中では「この女性といると俺は男としてのプライドを保てない」と感じ、あなたへの愛情がマイナス100になってもなんら不思議ではありません。

大好きな彼氏に冷められたくないのなら、イラッとしても大喧嘩をしても、絶対に他の男性との比較はしないようにしましょう。

ううっ…!
ケンカした時に言ったことある…!

女性からすると「元カレはもっと優しかった」って伝えることで「元カレ以上に優しくなってやる!」っていう彼氏の変化を期待しているんでしょうけど、逆効果よ。
 
プライドを傷つけられた男性は頑なにあなたに優しくしてくれなくなるわ。

束縛や干渉が激しすぎる


束縛や干渉が激しすぎる女性に対しても男性の愛情は徐々に冷めて行きます。

彼氏と連絡を取っていたい、大好きな彼氏が他の女性に取られないか不安、という気持ちはわかりますが、

  • 毎日の連絡を義務付ける
  • 彼氏の行動を逐一チェックする
  • 返信がないと、連続で連絡をする
  • 連絡が取れなかったことを怒る
  • 飲み会に参加させてくれない

といったレベルでの束縛や干渉をしていたら、他の女性に取られるうんぬんの前に、あなたに対して面倒くさいという感情が生まれ、彼の愛情が冷めてしまいます。

男性には一人になれる時間も大切です。

彼から冷められることを避け、2人の関係を良いものにするためにも、過度な束縛や干渉はしないようにしましょう。

だって、束縛してないと不安なんだもん!!

気持ちはわかるけどね、束縛や干渉をしても、相手を縛ることはできないわ。
 
彼の気持ちをしっかり考えてあげなかったばっかりに、冷められてしまって本末転倒よ。

過去の出来事をグチグチと言ってくる


過去の出来事をグチグチ言ってくる彼女に対しても男性の愛情は冷めてしまいます。

長く付き合っていると、ケンカも増えてきます。

中には本当に一方的に彼が悪いケンカもあるでしょう。

しかし、ケンカの度に昔のことを蒸し返されると面倒だと感じますし、この女性と一緒にいたら、またこうやって過去のことをグチグチと言われるんだろうな、と悪い未来を想像してしまいます。

仲直りをした時点で、その話題は男性の中では解決したことなのです。

にもかかわらず、何度も何度も同じ話題を蒸し返し、ケンカを有利に進めようとしてくる彼女には嫌気がさし、愛情も冷めて行ってしまいます。

最初は、「確かにあの時は悪かった」と、彼も自分の非を認めることでしょう。

しかし、徐々に「またその話か」と、同じ話ばかりを繰り返すあなたに呆れて、冷めて行ってしまいます。

お付き合いの長さが長ければ長いほど、この傾向は顕著です。

彼に冷められてしまわないためにも、過去の彼の行いを蒸し返すのは止めましょう。

恋人同士のケンカは相手を負かした方が勝ちではないわ。
 
どうしたら、2人が納得できるのかを見つけ出さくなくてはいけないのよ。
 
そんな中で相手から過去をグチグチ言われ続けたら話がいつまで経っても進まないでしょ。

確かに、ケンカに勝たなきゃって気持ちになって、彼の過去の痛いところを突いてしまうことは何度もあったわ…。

女らしさを感じられない


女らしさを感じられない女性に対しても、男性は冷めていってしまいます。

最初は、彼に好かれたい一心で髪型からメイク、服装までしっかりと「女性らしさ」を意識していたかと思います。

しかし、付き合いが長くなるにつれ徐々に彼女の女らしさが減っていくと、それに伴い彼氏の愛情も冷めていってしまいます。

スッピンや、ちょっとだらしがない、姿勢が悪い、程度なら許容してくれる男性が多いですが

  • 風呂上りに上半身裸で出てくる
  • ムダ毛の処理をしない
  • いつもすっぴん
  • ボロボロの部屋着ばかり着ている
  • デートの時もやる気がない

というような状態になってしまうと、愛情が冷め、彼女のことを女性として見れなくなってしまいます。

素を出せる間柄になったこと自体は喜ばしいことですが、自分が「女性である」という意識は捨てないようにしましょう。

付き合い始めの、頑張りをずっと維持する必要はありませんが、たまにはがっつりオシャレをする、恥じらいは持つ、といったことを意識し、いつまでも、男性にとって「魅力的な女性」でいれるよう努力しましょう。

「家族にしか見れなくなった」って言ってフラれるのは大体このパターンね。
彼女から女らしさを感じられなくなると愛情が徐々に冷めていくのよ。

長く付き合ってると女を捨てがちだから気を付けないとダメね…。

奥さんにしたくない


付き合っていく中で「奥さんには向いていないな…」と思うことが増えると、男性の愛情は徐々に冷めて行きます。

特に、30代以上の結婚を考える年齢であろう男性はこの傾向が強いです。

彼女の中に奥さんにしたくない、奥さんに向いていない、というポイントを見つけるたびに、着実に彼女への愛情が薄れて行きます。

例えば、

  • ブランド物が好きでお金遣いが荒い
  • 家事が苦手で上達しない
  • とてつもなくだらしがない
  • 子どもに優しくない
  • 感情的で怒りっぽい

といった場面を見た時に、愛情が少しずつ薄れ最終的に「奥さんになれない女性と付き合ってても意味がないな」と、完璧に彼女への愛情が冷めてしまいます。

あなた自身も、彼が大好きでゆくゆくは彼と結婚をしたい!と思っているのであれば、「奥さんになって欲しい」と思われるような行動を心がけましょう。

男性が、世話焼きだったりすると「彼がやってくれるからいいや~」ってなってしまって、奥さんにしたくない女性像に近づいてしまいがちよ。

彼に甘えすぎるのもよくないのね…。

どうかしら、まみこ。
どうしてあなたが彼に「もう冷めた」って言われてしまったのか、見当はついた?

うん…。
知らず知らずのうちに色々、男性を冷めさせる言動をしてきちゃったんだな、って反省したわ。

気づけたのなら良かったじゃない!
 
理解さえしていれば、後は同じ過ちを繰り返さなければいいだけよ。
 
男は星の数ほどいるわ。
次の恋が上手く行くよう応援してるわよ!
with記事下
マッチ記事下
アプリランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る