出会いが欲しい男女必見!立ち飲みバーは出会いの場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ジュディさん、実は今度「立ち飲みバー」に行ってみようかと思ってて…
 
変なお店じゃないよね?
変なお店ではないわ、安心なさい。
良い出会いがあるといいわね!
なになに?
立ち飲みバーって何?
立って飲む、バーだよ!
おちょくってんの?
あらあら、出会いに最適なスポットだってのに、出会いに飢えてるアンタ達が知らないなんて情けない!
 
ちょっと立ち飲みバーについて勉強していきなさい!

「ナチュラルにナンパできるスポット」として、最近注目を集めている”立ち飲みバー”
皆さんご存知でしょうか…?

「クラブみたいにうるさいところはちょっと…でも気軽に異性と仲良くなりたい!」なんて方にはちょうどいいかもしれません。

彼女が欲しいあなたも、彼氏が欲しいあなたも、おいしいお酒と楽しい雰囲気の中で素敵な恋人を見つけちゃいましょう!

そもそも立ち飲みバーって?

今回紹介するのは、酒屋のカウンターで立ち飲みスタイルで飲む、いわゆる「角打ち」ではありません。

またバーとは言っても、渋いバーテンダーさんが静かな空間でシェイカーを振っているあのバーでもありません。

立ち飲みバーとは、その名の通りスタンディングでお酒や食事を楽しめるお店です。

気軽に飲みに行け、初対面同士自然と仲良くなりやすく、健全な出会いの場として周知されており、大学生や、特に社会人に人気となっています。

出会いを増長させるポイントとしては、何と言ってもお店の環境!

狭めの店内で、必然的に隣のお客さんとの距離も近くなり、さらにお酒も入っていることもあって、気づいたら初対面同士話に花が咲いていた…なんてことは決して珍しくありません。

また椅子に座るのではなく、立って会話をするという状態が、”互いが目線を合わさない=緊張しない”という状況を生み出し、”初対面でもリラックスして会話ができる”という空気を作ることができるのです。

席が決まってないので、店内を自由に行き来できるのも強みです。

必ずしも狭いお店ばかりではありませんが、人気のお店だとお客さんでごった返しているので、これまた必然的にお客さん同士の距離が近く、出会いが生まれやすいです。

出会いをメインに!立ち飲みバーのメリットとデメリット

次は立ち飲みバーでのメリットとデメリットを見ていきます。
立ち飲みバーに関しての認識をさらに深めていきましょう。

立ち飲みバーのメリット

ソロ入店でも問題なし!

女性であろうが男性であろうが、軽くお酒を飲みたい時、一人でもフラっと立ち寄れるのが魅力です。

初めてで緊張する場合は、友達と二人で行ってみましょう。

他のお客さんや店員さんと仲良くなり、お店に知り合いを作ってしまえば、次からは一人ででも入店しやすくなります。

客同士の距離感が近い!

前述のとおり、小さいお店が多いので、必然的にお客さん同士の距離は近くなります。

自然とフレンドリーな環境ができあがるので、会話に入りやすく、馴染みやすいのが特徴です。

スタッフや店長さんが協力的

やっぱり緊張してしまって喋りかけづらい…なんて時は、お店のスタッフや店長さんに助けを求めてみましょう。

なかなか踏み込めなかった一歩を後押ししてくれますよ!

1杯2杯でもOK

無理してガッツリ頼む必要はありません。
今日は1杯だけ飲みたい…なんて時にも最適です。

食事が美味しい!

「バー」なので、一聴するとお酒メインかと思われますが、美味しい食事を用意しているお店も多いです。

めぼしい料理はないか、行く前にお店の情報を調べておきましょう。

知り合ったお相手と食事をシェアすると、一気に距離が縮まるかもしれません…!

リーズナブル!

基本的にリーズナブルな価格で提供しているお店が多いので、お財布を心配する必要もありません!

ちょっとカッコつけたい男性にとっても、安心してご馳走できますね!

立ち飲みバーのデメリット

少々うるさい

良く言えば賑やか、悪く言えばうるさい。捉え方次第ですね。

特に最近は人気なので、常に賑わっているお店が多く、喋る時は少し声を張らないと聞こえないかもしれません…

「静かにしっぽり飲むのが好き」なんて方には向かないかも…

出入りが激しい

とにかく人の出入りが激しいので、腰を据えて落ち着いた感じで飲む(立ってますが)のは少し難しいかもしれません。

上記同様、しっぽり飲みには向きません。

疲れる

立ちっぱなしなので、疲れてあまり長居はできないかも…

が、出会いが欲しい人にとっては、実はこれはメリットとも言えます。

立ち飲みバーで仲良くなって、疲れてきたら二軒目に移動という流れをスムーズに作りやすいです。

混んでいる

いかんせん人気なので、特に混んでいるお店だと、タイミングによっては入れないかもしれません。

時間か日を改めて再チャレンジです!

アプローチのススメ

「せっかく立ち飲みに来たのに、なんて声をかければいいかわからない!」という方に、当り障りのない自然な一言を紹介します。

「ちょっと火を借りても良いですか?」

もしもあなたがタバコを吸うのであれば、自然なきっかけと言えます。

火を貸してくれたら、
「ありがとうございます、このお店にはよく来られるんですか?」と、流れで次の会話にもつなげやすいです。

「何飲んでるんですか?」

お酒が好きで飲みに来ているわけですから、手元にあるお酒や好きなお酒を聞くのもありです。

お互い飲んでいる状態でのスタートなので、「お酒」の話題なら聞きやすいかもしれませんね!

好きなお酒を聞いた後はそれに合うおつまみの話だったり、普段どこに飲みに行くのか、オススメのお店はどこかなどなど…

この話でひとしきり盛り上がれたら、
男性の場合…

「『◯◯』っていう面白い(めっちゃ美味しい)お店があるんですよ、良かったら今度行きません?」

女性の場合…

「普段どこらへんで飲まれるんですか?…あーそこ前から気になってたんです!行ってみた~い!今度連れてってくださいよー!」

…なんて感じで、次のデートの約束+連絡先を聞くことも容易いです。

話に聞き耳を立てる

気になる相手がいたら、その話に聞き耳を立ててみてください。

ちょっと気が引ける気もしないでもないですが、距離が近ければ嫌でも会話は聞こえてきます。

相手が笑える話をしてたら、クスクスと隣で笑ってみましょう。

「すいません、面白い話しされてたのでつい…笑」なんて感じで、うまいこと相手の話に乗っかりましょう。

話がウケるのは満更でもないはずなので、そこから話を広げましょう。

「気になるんで、そこからどうなったか聞いてもいいですか?」なんて感じで。

相手が話し終えると、「実は私(僕)もこんな経験があって~」と続けると、完全に会話に合流することができます。

この場合だと、一人よりも、2:2くらいの人数がちょうどいいかもしれません。

クラブとかでナンパするよりよっぽど声かけやすいわよ!

立ち飲みバーで失敗しないために…

立ち飲みバーへ行く前に、以下の項目を必ず確認してください!
初心者は必見です!

大人数で押しかけない

大概の立ち飲みバーは、コンパクトなお店が多く、一人や少人数でお酒を楽しみに来ている方が多いです。

なので5、6人で行っても入れない…なんてことは珍しくありません。

席数7席のお店であなたが1人で飲んでいる時、6人組が来てワイワイガヤガヤ騒がれたら落ち着けませんよね?

事前にお店の席数も把握して、人数に応じたお店を選びましょう。

柔らかい雰囲気を作る

もしもあなたが出会いを求めているのであれば、「声をかけてもらえる雰囲気」を作るのも大切です!

ついつい緊張してしまって、仏頂面にならないように気をつけてください。

ニコニコ楽しくお酒を飲んでいれば、店員さんが気の合いそうなお客さんを紹介してくれたり、もしくは向こうから声を掛けてくれたりすることもあります!

こちらから声を掛けても、自然と馴染めるような柔らかい雰囲気を作りましょう。

長時間居座らない

大した飲み食いもせず、長時間だらだら居座るのはNG!(立ってますが)

店が混んできたら、新しく入ってくるお客さんのためにも、きりよく席を譲ってあげましょう。

入れ替わりの激しい立ち飲み屋さんでは鉄則のルールです!

大声で騒いだり、酔っぱらって他のお客さんに絡んだりしない

言うまでもなく、当たり前ですね。

お酒が入って楽しいのは分かりますが、もしもあなたがいきなり知らない人に馴れ馴れしく絡まれたらいい気はしませんよね?

自分だけが楽しむ場所ではありませんから、程度に距離をとって色々な出会いや会話を楽しみましょう!

酒は飲んでも飲まれるな、酒飲みの基本です。

周囲に迷惑をかけるくらいであれば、家で一人で飲みましょう。

酔っ払ってデリカシーの無いことを聞かない

まだ全然仲良くなってもないのに、いきなり住んでいる場所や電話番号を聞かれても、嫌がられてしまいます。

また過度な下ネタも厳禁。
お相手だけでなく、周囲にも話は筒抜けてしまいます。

「あの時は酔ってたから…」なんて言い訳になりません。

TPOをわきまえて、しっかりと会話の順序を踏んで、恥ずかしくない会話をしましょう。

もう子供では無いので、紳士/淑女であることを自覚してください。

自分の話ばかり

周囲からうんざりされる人の典型ですね。
まず自分の話ばかりしている時点で、それはもう「会話」ではありません。

しっかりとキャッチボールをしてください。

テーブルは綺麗に

空いたお皿やグラスが散乱…しかも微妙に食べ残しがあって店員さんも下げづらい…

狭いお店だとただでさえテーブルも狭いので、下手するとテーブルに乗り切らなくなったお皿やグラスが落ちちゃうかも!

こんなことにならないように、いらないお皿やグラスは、積極的に自分からさげて店員さんに渡しましょう。

お店であろうが、自分の身の回りは綺麗に!
食事もお酒も、綺麗に頂きましょう。

香りのキツい香水や整髪料に注意

《狭めの店内+混雑+飲食店》の組み合わせに、香りのキツいものは絶対NG。

他の方と密着しているようなものなので、隣からすごくきつい匂いがしてきたら、お酒も食事も台無しです。

お店側にとっても大迷惑。

おしゃれをしたい気持ちもわかりますが、周りへの配慮を忘れずに。

香水は上品に振りましょう。

まぁ立ち飲みバーでなくとも、大人として必ず知っておくべき項目ね。
 
ユメコちゃん!
張り切りすぎて香水振り過ぎちゃダメよ!

はい!

立ち飲みバーはコレで見つける!

知ってて損はない!という事で、これらのサイトをつかって立ち飲みバーを探してみましょう!

Retty

Rettyは口コミ型のポータルサイトです。

「立ち飲み」というジャンルで検索ができるので、あなたの条件にあった素敵なお店に出会えるかもしれません。

立ち飲みバーまとめ

立ち飲みバーでの出会い方をまとめてみましたが、とにかく良い人と出会いたいのであれば、一にも二にもまずは行動することが大事!

  1. スマホで「立ち飲みバー」を検索!
  2. 行きたいお店を決めたら、この記事をおさらい!
  3. 相手が見つかれば、深酒しない程度にアルコールを入れてウォーミングアップ
  4. あまりグイグイいかず、最初は相手との程よい距離感を保ちながら、会話を楽しみましょう

これまでご紹介したマナーやアドバイスを習得して、アフターファイブは立ち飲みバーへ GO!

ストリートやクラブでナンパするよりもハードルが低そうね!

自然に仲良くなるって感じだから、あんまりガツガツ感もなくて、ナンパって感じもしないね!

恋人探しだけでなく、飲み友達探しにもオススメの場よ!
気軽な感じで行ってみてちょうだい!
omiai記事下
マッチ記事下
アプリランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る